大学受験 数学

【大学受験 数学】基礎固めはこれで演習!チェック&リピートは超有能!

投稿日:2018年8月1日 更新日:

大学受験の数学では、たいへん多くの問題集・参考書があります。

レベルだけでも「難関」「中堅」「センター」などなど、用途でも「インプット用」「アウトプット用」などなどあります。

そんな中でも、「基礎固め」「演習」に持って来いの参考書を探し出したので紹介します。

それは

チェック&リピート

です。

これで、圧倒的な演習量を積んで対応力をMAXにしてください。

基礎固めならチェック&リピート

チェック&リピートの問題数

数学ⅠA…307題

数学ⅡB…404題

数学Ⅲ…261題

 

青チャートⅠAの例題数が約300、総問題数が約1000題です。チェック&リピートの問題数は普通でしょう。

しかし、演習用として用いるのには少々問題数が多いです。

一冊あたり10~15題/日で3~4週間で1周できます。それなりなボリュームです。

ちなみにお値段は数学ⅠA・ⅡBが1080円。数学Ⅲが1180円です。

 

チェック&リピートのレベル

チェック&リピートのレベルは教科書章末~MARCHです。中堅大までなら、受かるでしょう。

メインのレベルはセンターです。

黄チャートや基礎問題精構と同じレベルの問題集です。

 

チェック&リピートの到達レベルとして、センター試験8割は堅いでしょう。人によっては9割まで行きます。

文系私立のセンター利用なら、十分な得点を取ることができます。実際、チェック&リピートも私立を中心に問題を集めています。

 

チェック&リピートの特徴

①問題→ヒント→解説

チェック&リピートは

左ページに「問題」が約5題、右ページに問題の「チェックチェック」、次の見開きに「解説」です。

例題や演習題などでは分けられていません。

問題羅列型の問題集に入ると思います。

 

このような形の問題集はおそらく、チェック&リピートだけです。

 

②チェックチェック

問題の右ページについている「解答のヒント」的な部分です。

すぐに解法が思い浮かばなくてもこのチェックチェックを見れば大丈夫という優れもの。

しかし、チェック&リピート自体を演習用として使うので、「解法」はもう既に頭に入っているものが多いと思います。

あまり使う頻度は多くないかな。

 

③レイアウトがキレイ

「流石 Z 会!」

レイアウト、図がきれいです。また、色の使い方もとても見やすい問題集です。

問題集で演習していても、「使いにくい」、「読みにくい」などの不満は出にくいと思います。

 

チェック&リピートの使い方

目的は「演習」です。

しかし、同じ「演習」でも細かく相違点があると思うので、個別に紹介。

①全体を演習

  1. 1ページ分問題を解く。
  2. 答え合わせ

の順にただただ問題を解いていく。逆に、こういう演習書はへんに工夫を入れる方が効果が下がる場合があります。

順当に前から解いていきましょう。

目安は3~5周。

あくまでも、基本解法は他の参考書でマスターした前提です。ここでは、アウトプットの練習だけで終わりです。

 

②奇数・偶数戦法

  • 1,3,5、…と1周
  • 2,4,6、…と1周

演習書で効果を発揮しやすい、「奇数・偶数戦法」。

問題は1番と2番は単元が一緒なので、奇数・偶数で分けてやることで全体的に忘れにくくなります。

私個人の印象としては、「奇数・偶数戦法」のほうが成績が上がるのが速い感じがします。

 

③苦手・頻出分野のみ

チェック&リピートは問題数が多いので、「苦手」「頻出」分野だけの演習でも効果があります。

数学ⅠAなら「2次関数」「三角比」「場合の数」「確率」あたりが頻出ですね。数学ⅡBだと「三角関数」「微分積分」「ベクトル」あたりです。

私は主に、この目的でチェック&リピートを使いました。(指数対数が苦手だったので)

 

チェック&リピートの接続

<チェック&リピートの前>

  • 基礎問題精構
  • 学校の授業
  • ひとつひとつわかりやすく

本当はセンターレベルの解法はある程度マスターしてから使ってほしいです。

<チェック&リピートの次>

  • 一対一対応の演習
  • 標準問題精構

 

まとめ

チェック&リピートは基本的に演習目的で使うのが良いと考えています。

そのため、使うかどうかは慎重に考えてください。

私は使わなくてもいいと思いますが、使ってもそれなりのメリットがあります。

 

では頑張って勉強して下さい。

 

 

-大学受験, 数学
-, , , ,

執筆者:


  1. 理好 より:

    dioさんこんにちは、理好です。
    今回は 参考書・問題集 の、効率的な扱い方について少しお訊きしたいことがありますので、もしお時間の許すところがあれば、ぜひご指導お願い致します。
    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    さて、
    今ちょうど “チェクリピ IA” を進めているところなのですが、この世に存在する全ての 参考書・問題集 というのは、「数科目程度なら同時並行」が良いのか、それとも「ひとつひとつ一点集中」が良いのか とで考えており、扱い方を間違えてしまえば効率が悪くなってしまい、次のステップへ進む際に時間をかけすぎてしまうのではないかと少し不安です。
    (「数科目程度なら同時並行」→ 例えば、「数学IA, 数学IIB, 数学III」という3科目程度を勉強するならば、この3科目を同時に進める…といった具合です。
    個人的にはこれは同時並行で進める分、各科目の理解率が薄っぺらくなり、各科目の1日に解ける問題数も通常考えられる数から幾分減少させなければ満遍なく手が回らないのではないかと危惧しています。
    また、義務で他にもやらなければならいないことができた場合は必然的に中断することになるので、仮にそのようなことが多くなった場合、どれか1つ以上の科目は疎かになりかねないのではないかとも危惧しています。

    「ひとつひとつ一点集中」→ 例えば、「数学IA, 数学IIB, 数学III」という3科目程度だったとしても、数学IA → 数学IIB → 数学III というように、順序だてて進める…といった具合です。
    こちらは現時点では特にデメリットはないように思えます。
    理由は、一科目集中型で進めるとなると、一科目あたりに解ける問題数が同時並行型よりも多くなり、短時間でより速く周回できる可能性が高いと観たからです。
    また、周回を終えて次の科目に進む場合、もはや副科目的に前科目を解けるレベルだと思われるので、長く前科目に手をつけないことによる理解の希薄化の防止のために、前科目の問題集をペースダウンさせて解き続けたとしても、次の科目のための時間が削がれる心配はほとんどないと思われるからです。

    なので、個人的にはこの「ひとつひとつ一点集中」方針の方がより効率的であるのではないかと思っております。)

    そこで再び質問があるのですが、今やってる “チェクリピ” もれっきとした問題集なので、「数科目程度なら同時並行」で進めた方が良いのか、それとも「ひとつひとつ一点集中」で進めた方が良いのか、どちらの方が効率的でしょうか??
    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    もしお時間があればで宜しいので、ぜひご回答よろしくお願い致します。

    (因みに 入学試験や模擬試験 などは受けないので、時間的制約はこれといって特にありません。)

    • dio より:

      理好さん
      再度質問をしてくれてありがとうございます。質問されるというのは、本当に嬉しいですねw
       私は「ひとつひとつ一点集中」がいいと思います。理由は2つあって、そのうちの1つは理好さんの仰る通り短期間で周回できるからです。
       もう1つは、数学ⅡBは数学ⅠAを、数学Ⅲは数学ⅡBをもとに計算するからです。例えば、三角関数では2次関数の解の配置を使うことがあります。ⅠAの2次関数の応用よりの考え方です。もともとは高校生が学びやすいように組まれた順序なので、順番通りやった方が理解が進みやすいと思います。
       ちなみに私のやり方は「ひとつひとつ1点集中」です。

      • 理好 より:

        ご回答感謝致します。
        なるほど、やはり「ひとつひとつ一点集中」の方が良いみたいですね…
        では、このまま順番に解答していこうと思います。

        ご指摘ありがとうございます。

  2. 理好 より:

    dioさん初めまして、こんにちは。

    初めに、かなりの長文となってしまいますが…もしお暇な時があればで宜しいので、ご回答頂けると嬉しく思います。

    さて、
    僕は現在社会人なのですが、ひょんな事をきっかけに高校生の時に学んでいた数学をもう一度学び直したいと思い、とてもゆっくりではあるのですが勉強している者です。
    ここで、今の僕の到達点を申し上げたいと思いますので、目を通して頂けたらなと思います。
    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    先ず、
    数学IA と 数学IIB の教科書レベルの基礎知識まではどうにか習得できました。(母が昔僕のために買ってくれた “数学をひとつひとつわかりやすく。” というシリーズの参考書の問題で確認してみたところ、ほとんどの問題は正解することができました。)

    次に、
    教科書レベルが終わった次の目標として、僕が高校生の時によく数学の先生が言っていた、「センター試験の数学」を解けるようになりたいなと思い、ネットで調べて購入した “緑チャート” というセンター試験だけに特化しているらしい問題集を買って解いたところ、最初は4割程度しか解けなかったのですが、理解足らずで解けなかった問題だけを2,3回と、解きなおしているうちに大体6,7割くらいは解けるようになりました。(因みに、2019年1月に行われたセンター試験の数学をネットで見つけて、本番の試験と同じ形式で解いてみたところ、IAが68点, IIBが62点 でした。)

    更に、
    実際のセンター試験を解いてみて判ったことなのですが、センター試験の数学の、大問の最後の方の問題があまりにも難しすぎて、やり直しをしても正直ほとんど解りませんでした。なのでこれを機に、センター試験形式で、しかも あのような難問…以上 の問題も程よく収集されている問題集を探しており、調べている間に行きついたのが、このサイトでdioさんがご紹介されていた、“数学 チェック & リピート” でした。

    そこで、
    大変申し訳ないのですが、dioさんに質問があります。
    この “数学 チェック & リピート”、通称 : チェクリピ についてなのですが、近隣の書店でひとまず IAとIIB に目を通してみたところ、両冊とも4割程度なら初見でも解けそうな気がしたのですが、今の僕はこれを使っても良いレベルでしょうか??
    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
    もし本当にお暇があればで宜しいので、ぜひ回答して頂けると嬉しく思います。

    最後に、長文をダラダラと…本当に失礼致しました…

    • dio より:

      理好さん
      丁寧な文章ありがとうございます。
      私はいつでも暇なので気にしないでくださいw
       チェクリピが4割くらいわかるのならば全然使えるレベルなので、安心して挑戦してみてください。
       あと一応、数学のセオリーは「1冊を完璧に」です。チェクリピは6,7割でやめずに9割まで頑張った方が、結果として早く数学ができるようになると思います。

      • 理好 より:

        ご回答感謝致します。
        では、次からはそれに取り掛かることにします。

        センター数学をやっている内に薄々感じてはいましたが…やはりそうでしたか…
        重要なご指摘を、ありがとうございます。

  3. […] 【大学受験 数学】基礎固めはこれで演習!チェック&リピートは超有能! […]

  4. […] 【大学受験 数学】基礎固めはこれで演習!チェック&リピートは超有能! […]

  5. […] 【大学受験 数学】基礎固めはこれで演習!チェック&リピートは超有能! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

数学 例題だけはやめろ!1対1対応の演習のレベルと真の使い方

受験生が大好きな大学への数学、「一対一対応の演習」。 私個人の印象としては、青チャートの次に知名度高いんじゃないか、と思います。さすがに青チャート様はやばいです(笑)。 しかも、一対一対応の演習を批判 …

【GMARCHで無双する】英文解釈の神ポレポレの使い方&レベル紹介!

  今回紹介するのは、   ポレポレ英文解釈 プロセス50   リンク   西きょうじの良書中の良書でありながら、大学受験の英文解釈解でハイパー有名なポレポレの使い方とレベルをしっかり紹介します。   …

数学 nCrの公式の証明や計算方法!順列との使い分けも伝授!

高校受験、大学受験の場合の数、確率で嫌になるほど出てくる組み合わせの公式nCr。理解できない人にとっては   何回出てくるんだ!   ってかんじですよね。順列と区別もつかないし、「 …

【勉強 計画】「計画を制すものは受験を制す」合格する計画の立て方!

はい。 今回は計画についてです。 多分この記事を見ている人の多くは計画通り行動できたことがない人ですよね。もしくは計画の立て方が分からない人ですよね。 夏休みとかの計画を張り切って作り、次の日からやっ …

【英文法】たった45日で英文法の基礎を完璧にする勉強法見つけました。

  英語の点数を上げたい!   それは受験生全員もしくは、大人にも当てはまることですよね。 そして、英語の上達には「単語」と「英文法」が必要不可欠。 今回は英文法の基礎をたった90日で完璧にする勉強法 …