大学受験 数学

数学が全くできない人こそ「面白いほどわかる」シリーズ!

投稿日:2018年8月15日 更新日:

 

インターネットで「数学 できない」とか、「数学 得意になる方法」などで検索しても、

「公式の丸暗記はやめて、自分で導出しろ」とか「解法を理解しながら暗記しろ!」とか書かれていますよね。

 

しかし、そもそも理解できない。

問題を読むけど、わからない

      ⇓

解説読むけどわからない

      ⇓

イライラ&イライラ

 

で解法暗記をすれば丸暗記。公式の導出なんて出来るわけない。

そんな人が多いと思います。

 

数学が全くできない理由

数学ができない理由は、決して病気ではないです。

病院いっても障がい者手帳はもらえませんw。(知恵袋で質問している人いたんで)

数学って、出来るようになるために2つのステップが必要なんです。

理解する

 

定着する

 

①理解する

多くの人は「理解する」ができないはず。

解説が簡素すぎるんですよね。

理解できない、という人で問題なのは勉強法ではなく「使う参考書」です。

 

理解できないのは自分のレベルに適した参考書を使ってないからです。もちろん、教科書だって自分に合わない場合はあります。

だって、よくわからない解説と何時間にらめっこしたところで理解できませんよね。

もう、責任はあなたにあるわけではない!

悪いのは全部参考書なんです。

 

そんなときは↓で紹介する参考書を使ってみてください。

「面白いほどわかる~~」シリーズです。

相当わかりやすい参考書です。

 

②定着する

一度理解しても、1週間、1か月後には忘れてしまい、また振り出しに戻ってしまう。

数学ができない人あるあるですよね。

定着しない人は勉強法が間違ってます。完璧にした参考書の数だけ、成績は上がっていきます。

まだ完璧にした参考書がない人は成績は全然上がってないはずです。

1冊を完璧に。

それ以上詳しい話は↓で紹介しているので、気になる人はどうぞ。

面白いほどわかるシリーズ

レベル

教科書~センター7割

あとで詳細は話しますが、解説が他の参考書に比べてわかりやすいので、体感としては難易度が低く感じると思います。

内容

実は「面白いほどわかる」シリーズは3人の予備校講師が書いています。

すべての先生がわかりやすい解説をしているので、講師の差は気にする必要はないと思います。

 

「坂田アキラ」:2次関数、三角比と平面図形、場合の数と確立とデータの分析、円と直線、軌跡と領域、三角関数、指数と対数、数列、ベクトル数Ⅱの微分積分、数Ⅲの微分積分

「佐々木隆宏」:データの分析、整数

「志田晶」:複素数平面と式と曲線、差がつくテーマ100選

 

ページ数は基本約200~300ページ。

三角比と平面図形、場合の数と確立とデータの分析は350ページです。整数、微分積分Ⅱは400ページ、微分積分Ⅲは600ページです。

 

ページ数が多いと思いましたか?

 

この参考書は語り口調で書いてあり、サクサク読み進められるので、思ったよりすぐ読み終わります。

特徴

①とにかく分かりやすい

本当にわかりやすいです。

他の参考書では「これくらいで理解できるだろ。(放任)」みたいで、今まで「何でこうなった?」と思っていた部分もしっかり解説されています。

また、軌跡の問題なんかでは答えすべてに「図」が書いてあるので視覚的にも理解できます。

 

だからこそ、理解できずに解法の丸暗記なんてことにはならず、しっかり理解できるでしょう。

私も苦手単元だった軌跡の解説をみたときは、「感動」しました。

今まで頑張って時間をかけて理解してきた、解法を超わかりやすく解説してあったからです。

 

とにかくわかりやすいです。

塾、予備校と同じかそれ以上わかりやすいので、下手な塾に通うよりこの参考書を買った方が100倍得です。

 

②レベルがちょうど良い

到達レベルがセンター7割、つまり偏差値60前後なので、完璧にすれば「数学ができない」状態を脱出することができます。

それなのに、開始レベルは教科書レベル。

解説がわかりやすいので、教科書が全然わからなくてもOKです。

 

誰でも始められて、誰でも数学が得意になれる参考書なのです。

 

この参考書の使い方

①…数学がヤバイ人

②…なんだかんだ行けそうな人

③…単元によって差がすごい人

ようです。

①面白いほど~を完璧にする

とりあえず、この参考書を完璧にします。

  1. 問題と解説だけを読んで理解する(2周)
  2. 自力で問題を解いてみる(2周)
  3. 繰り返して定着させる(2周~)

まず、問題は解かずに解説を読んで理解していきます。

どうしてその方針を取るのか。どんな解法を使うのか。それらを読んで、理解してください。解説を読めばわかる、という状態になったらOK。

2周くらい読んで、ある程度インプットできたら次はアウトプットです。

自力で問題を解いてみます。ここで大事なのは心の持ち方です。ここでは、問題を解くときに

「解けたら儲けもん。できなくて当たり前。」くらいの気持ちで挑んでください。

 

実際はそれなりに問題を解けると思いますが、解けない問題も多いので心が折れる可能性があります。

6、7割解けるのが目安です。

 

そして、最後に繰り返し解いていくことで定着させます。目安は4周ほど。定着しなければ、何周でも繰り返してください。

最終的に95%は解けるようになってください。

 

一番大事なのはモチベーション。

それを忘れず勉強してください。

 

②辞書のように使う

この参考書は理解型で、単元別に分冊なので、理解力のある人にはうざく感じる場合があります。

そんな人は基礎問題精構などの、まとまった参考書や問題集と併用することをおすすめします。

 

  1. 面白いほど~を2周よむ
  2. 問題集を解く
  3. 問題集でわからなかったら、面白いほどで理解。

で進めてください。

少々手間はかかりますが、併用問題集を基礎問題精構などにすれば、到達レベルは8,9割です。

 

③苦手単元だけ使う

もともと「面白いほど」シリーズは量が多いので、苦手単元だけ使うのもありです。

いつも三角比だけ出来ない。いつも数列がボロボロ。など、苦手単元がわかっているなら、その単元のみ使うのは頭がいいです。

 

接続

<この前にやる参考書>

なし

<この次にやる参考書>

  • チョイス
  • 標準問題精構
  • 一対一対応

↑に行くほどおすすめです。

 

まとめ

数学はできない人ほど伸びやすいです。

無駄なプライドがなく、参考書の全部を吸収できます。

 

とにかく、面白いほどシリーズで「数学ができない勢」から脱出してみてください。

-大学受験, 数学

執筆者:


  1. […] 数学ができないなら、これをやれ!「面白いほどわかる」シリーズ! […]

  2. […] 数学ができないなら、これをやれ!「面白いほどわかる」シリーズ! […]

  3. […] センター数学 苦手単元もこれで克服!絶対わかりやすいこの1冊! […]

  4. […] センター数学 苦手単元もこれで克服!絶対わかりやすいこの1冊! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東大でも通用する!「新数学スタンダード演習」のレベルと真の使い方!

  「新数学スタンダード演習」をやれば東大でも受かる。   いやいや。 だったら誰でも「新数学スタンダード演習」やれば東大受かるでしょ。 大事なのは、適切なレベルの人が正しい使い方で「新数学スタンダー …

【英語】留学、英会話教室よりオンライン英会話!コスパ最強&自由!

  英語が上達しない。 大学受験の勉強なんかじゃ、英語はまったく話せるようにならない。   もう完全に証明されてしまった悲報です。 実用性のない英語なんて勉強したところで、時間の無駄。sinやcosよ …

勉強はタイマーがなきゃ始まらない!おすすめの100均や無音のタイマー。

勉強するときはタイマーが必須アイテム!   あれ、こんなこと初めて聞きました? 実は、タイマーをうまく使えば、勉強効率を爆上げ出来るんです。 あなたも、   今日は8時間も机に向か …

【大学受験 数学】スタディサプリ数学の詳細と使い方を徹底解剖!

『予備校は効率が悪い。だから、大学受験は独学で勝負する。でも、独学って失敗しそうだな。』   そう思っている人は多いと思います。独学って一人なので、不安要素は多いですよね。 じゃあ、逆に予備校のほうが …

「ノートのまとめ方」で悩んでる中学生、高校生ちょっと来い!

  あなたも「ノート まとめ方」とか「ノート まとめ方 かわいい」みたいな言葉を検索窓に入れたましたね。   今回は「ノートのまとめ方」や「まとめノート」の話です。 そこで、私は「ノートのまとめ方」に …