中学受験 大学受験

【勉強 計画】「計画を制すものは受験を制す」合格する計画の立て方!

投稿日:2018年9月21日 更新日:

はい。

今回は計画についてです。

多分この記事を見ている人の多くは計画通り行動できたことがない人ですよね。もしくは計画の立て方が分からない人ですよね。

夏休みとかの計画を張り切って作り、次の日からやってみるけど3日目くらいにはもう挫折していると思います笑。その後、結局ダラダラした夏休みを送ってしまう😞。

気づいたら進級している感じですよね。そのままだと気づいたら死んでますね笑。

逆にもし、計画通りに勉強出来たら….

計画を達成できているので目標のレベルには到達するはずです。もし、昔に立てた目標のレベルになっていたら多分いま偏差値70くらいはありますね笑。(そんなにないか)

では、あなたは計画が達成できなかったときに「なぜ達成できなかったか」を考えているでしょうか?

考えていないとしたら、あなたは一生「計画は立てるけど、達成できない」人になってしまいます。いわゆるマダオですね笑。

※マダオとは「るでメなとこ/んな」のことで、銀魂に出てきます。銀魂ではホームレスの登場人物に使われています。

それでは計画を達成することができない理由と計画を立てるときに大事な考え方を紹介していきたいと思います。

計画を立てるときの基本

計画は立てる上での基本があります。計画を達成できる人はその基本を知らないうちにやっています。

では計画を立てる上での基本とは何なのか?

それは

  1. 自分の現在地とゴールの把握
  2. 普段のスケジュールの確認
  3. 上の1、2をふまえて、余裕を持った計画

です。

この基本は計画を立てる前にしっかり吟味し、確認しないといけません。

一つずつ見ていきましょう。

現在地とゴールの把握

これは自分のレベルと目標の把握ということです。

例えば、あなたは今あるゲームでレベル30だとします。

これが現在地です。そして、このゲームでは敵と戦って勝つと経験値をもらえてレベルアップします。

あなたは自分のレベルを100まで上げたいとします。その時いきなりレベル80とかの相手と戦いますか。

普通はレベル25、30くらいの敵と戦って経験値積みますよね。

これを勉強で言うと

今x,yとかの文字を習っているレベル(中学1年生)のときに、「数学の成績上げたいから微分の勉強しよう!」って言っているようなものです。

いや、無理だろ!

どんなに頑張っても無理でしょ。

最短でもその前に方程式→一次関数→二次方程式→二次関数→高次関数はやっておかないといけませんよね。

今さらっと言いましたが、実は↑の文章が計画を立てる上での手順なんです。

手順としては

「微分がしたい」

「高次関数がしたい」

「二次関数がしたい」

……

「x,yとかの文字を習っている」(現在地)

となっていくわけです。

「微分がしたい」がゴールで「x,yとかの文字を習っている」が現在地です。ゴールと現在地がわかれば、途中の地点(二次関数とか方程式とか)が分かりますよね。

なら、その途中地点を一つずつ通っていくだけです。

この場合なら参考書で方程式を扱っているものから順に完璧にしていけば、すぐに微分が出来るようになるわけです。(すぐにではないか)

ゴールから逆算→最終目標を分解

することがキーポイントです。分解するためには現在地とゴールがわかっている必要があります。

計画の立て方<原則>

このパターンで失敗するのは

ある日「今日から勉強するぞ!明日は数学の参考書15ページやろう!」

次の日「今日部活で、しかも塾だったからもう11時だ。寝なきゃ。」

そして一日で計画は破綻したのでした。

これは極端な例ですが、普段のスケジュールとも相談しながら計画を立てていくことが大事です。

まずは一日のスケジュール、次に一週間のスケジュールです。

あとはこれを基本にして対応できると思います。

①一日のスケジュールの確認

  1. 平日は「学校+塾」や「学校+部活」、「学校+部活+塾」などに場合分けする。土日は部活がほぼあるのか、たまにあるのかなど。
  2. 一日の生活について起きてから寝るまで書きだす。

これだけって感じですが、細かく考えてください。

起きてから寝るまでは5分単位で考えてください。「トイレに行く」や「顔を洗う」もです。

例えば、大雑把に時間を計算して3時間と出たとしても、なんだかんだ2時間30分くらいになっています。

意外と時間って使ってるんですよ。ちょっとボーっとしてると5分経ってたり、トイレと顔洗いと…で一日で20分くらいは使ってますね。

そして、当たり前ですが何もしていない時間というのは絶対にないです。必ず何かをしています。

②一週間のスケジュール

一日ずつのスケジュールがわかったら、次は一週間のスケジュールです。

月、火、水、木、金、土、日の一日ずつのスケジュールを組み合わせてください。このスケジュールがあなたの日常です。

どうですか?

意外と忙しかったり、youtubeを見ている時間が長かったりと思うことは人それぞれだと思いますが、意外なことが多いと思います。

③余分な時間を削る

この中から必要ない時間を削ります(例えばyoutube、Twitterなど)。

絶対に譲れないというものは残しておきましょう(例えば夕食や朝食など)。

④計画を立てる

計画はこれをもとに考えていきます。

例えば、

A君の勉強できる時間は

  • 月:2時間
  • 火:1時間
  • 水:2時間
  • 木:30分
  • 金:1時間
  • 土:4時間
  • 日:4時間

だとします。

便宜上、A君は英語のみ勉強すればいいとします。また、A君はものごとを忘れないとします。

A君は英単語を2000語覚えることを目標としました。

A君は1時間で50単語覚えられます。一週間に全部で14時間30分勉強できるので単語は725単語覚えられます。

ということは3週間で覚えきることができます。

みたいに決めていきます。

このように、その日その日によってやる量を変えていくことで破綻を防ぎます。

注意点①

毎日~~ページやろうみたいな計画は慣れるまでは絶対にやめた方がいいです。

しっかり、その日に出来る量を考えることが大事です。

夏休みや冬休みは毎日を日曜日扱いするなどで対応したり、新たに計画を立て直します。

注意点②余裕を持った計画

これはそのままの意味です。

あなたが日曜日に暇で10時間勉強できる→10時間フルで勉強するのはナンセンスです。

確実に挫折しますよね。

私の予想では3時間くらいやったら嫌になってyoutubeに逃げてそのまま一日が終わりますね(笑)。

人間にはある程度の娯楽が必要です。

先ほども「これだけは譲れないという趣味は削らなくていい」と言いましたよね。

2時間くらいの勉強をしたらご褒美で趣味をする。もちろん時間を計ってね。そしてまた勉強くらいでいいと思います。

平日なら寝る30分前まで勉強して、残りは娯楽のように余裕をもって勉強することで長続きします。

また、前日に急な予定で終わらなかった勉強を次の日にやることもできます。

計画の立て方 具体編

具体例

どんな風に逆算するのか分からないという人は参考にしてもらえると良いと思います。そうでない人は飛ばしてOKです。

私を例にして話すと

目標:東大合格ラインの数学力

現在地:0

①目標を具体化

今回は最終目標が抽象的なので、具体的にしていきます。だから、どれだけの点数を数学で取れば合格ラインか考えます。

ここでは東大の数学で合格するのに40/80点必要と考えます。(この点数に関しては適当です)

つまり、過去問で40点(~高3の1月末)の実力を付けたいです。

②逆算の連続

そのために「文系の良問プラチカ」を習得する必要があります。この参考書には4か月かかるとします。

高3の10月末までに「文系の良問プラチカ」を出来るレベルになる必要があります。

そのレベルに到達するには「1対1対応の数学」をやります。この参考書はⅠAⅡBで分かれているので、完璧にするのに1年かかるとします。

高2の10月末までに「1対1対応の数学」を出来るレベルになる必要があります。

そのために教科書レベルの問題は完璧になっている必要があります。

つまり、高2の10月末までにⅠAⅡBを先取りし、完璧にしておけばよい。

小さいまとめ

この計画は例です。問題点もあります。(教科書レベルをどうやって完璧にするのか、など)

そして、時間には余裕を持っています。

例えば、学校の授業を生かせばもっと早く終わるかもしれないし、参考書にかかる時間はもっと少ないかもしれません。

工夫次第でもっと少ない時間でOKです。

しかし、まずはこの無駄の多い長期的な計画を立てましょう。その後、工夫して短くしていくことで計画は完成します。

計画を実行するコツ

マインドセット

計画で大事なのは

もし、計画より遅れてしまっても最終的に計画に追いつくことです。

だから計画を達成できなくてもしょうがないと思って、気持ちを切り替えましょう。というか、私のように計画していれば多少の遅れは問題ではないです。余裕ありすぎるので笑。

「完璧主義をやめる」

がポイントです。もちろん計画通りに行動してほしいのですが、出来なかったときはすぐ前を向きましょう!

今に落とし込む

長期的な計画は立てましたよね。月単位で計画を立てたら、それを達成するために週単位で計画を分解しましょう。

そうしたら、日単位にさらに分解します。

その日のノルマをひたすら達成するだけで目標を達成できるようにするのです。

毎日毎日を出来るだけ単純作業化していくことで効率が極限まで上がります。「今」に集中しないと、生産性が低くなってしまう可能性があります

計画表のとおりに行動すればOKなようにすることが大事なポイントです。

そのためには計画表を完全に信頼できるように作る必要があります。計画表を変更ばかりしていたら、計画表の意味がないです。

そのためにも計画は本気で作りましょう。

そして、「今」だけを見ていれば目標にたどり着けるようにしましょう。

まとめ

計画の立て方としてかなり抽象的になってしまい、すいません。

でも、計画は人それぞれで「ズバリこれ」というものがないので、自分で考えて計画は立ててみてください。

この記事はそのヒントとなれれば、嬉しいです。

-中学受験, 大学受験

執筆者:


  1. […] 【勉強 計画】「計画を制すものは受験を制す」合格する計画の立て方! […]

  2. […] 【勉強 計画】「計画を制すものは受験を制す」合格する計画の立て方! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

驚愕!学力は遺伝と家庭環境!みんなの勉強や努力は意味ない!?

  すべての日本人が通る道、勉強。 そのときに出てくるのが「学力」という言葉です。今回はその「学力」に遺伝は関係しているのか、という話です。   黒人は遺伝でジャンプ力が高い、身長はほぼ遺伝、などなど …

【中学受験 国語】読解力を訓練できる勉強法は○○しかない!

  中学受験の科目の中でも、算数と同じく配点が高い国語。 しかし、 「国語の読解力の訓練方法」 という具体的な勉強法については、よくわからない。 実際 読書習慣多読新聞 などなどがおすすめされるけど、 …

【みんな間違ってる】速読英単語 必修編のレベルと真の使い方!

  速読英単語というと入門編・必修編・上級編がありますが、実際みなさんが使う可能性が一番高いのは「必修編」でしょう。 ということで、 今回は「速読英単語 必修編」特集です。   特に、「使い方」に関し …

驚愕!中学受験で失敗しないために低学年のうちに大切な10の約束。

どうも、こんにちは。 今回は低学年のうちからやっておくと中学受験で有利になること、逆に低学年のうちにやっておくと中学受験で失敗してしまう可能性が高いものを紹介していこうと思います。 とは言っても、完全 …

模試復習のやり方&ノートの作り方!模試は死ぬ気で活用せよ!

  模試といったら 模擬試験ですよ!   ”試験を模したもの”=模試 つまり、入試本番を想定して受けなければならないのが模試。   そんな模試を活用しない手はない。 今回は、模試の復習のやり方とノート …