中学受験 大学受験 高校受験

成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい

投稿日:2018年11月22日 更新日:

今回はノートとルーズリーフのメリット、デメリットを紹介しようと思います。

 

その前にルーズリーフと言えば、

中学校や高校で同級生がバインダーに挟んでルーズリーフで板書している人がいると憧れますよね。

俺も、あんなふうにルーズリーフに板書して整理すれば、復習しまくれて成績上がりそうだな。

机の中からルーズリーフが入った袋と取り出して、板書しだすのやってみたいな。

ルーズリーフかっこいいな。

俺も欲しい!!!!!!!

 

よくあるパターン?です。↑これ私の話。

(いきなり一人称変わると、きもいな)

 

きっとそんな思いで、この記事を見に来てくれたと思います。

そこで、ルーズリーフのメリット、デメリット。ノートのメリット、デメリットを見てみましょう。

 

しっかり良い点、悪い点を理解したうえで始めましょうね。

 

ルーズリーフのメリット、デメリット

メリット、デメリットを説明した後でおすすめの教科や活用法を紹介しようと思います。

 

メリット

ページの追加、削除が出来る

知っての通り、ルーズリーフは1枚1枚に分解できるので、ページを追加したり削除したりできます。

 

風邪で学校を休んだとき、

 

あとで友達のノート借りて写そう!

 

と思ってノートを少し空けて板書を進めていき、週末とかに友達のノートを借りて写してみると、

空けた分が足りなかった。

 

こんな経験ありませんか。結構、パニックになりますよね。

 

え、この書き切れなかった分はどうするの?

 

これも私の体験です。3分くらい戸惑いました(笑)。

でも、ルーズリーフなら間に追加するだけです。

他にも

  • ノートまとめを色ペンで書いていて間違えてしまったとき。
  • 先生がいきなり、前の授業の補足を始めたとき。
  • 別にいらない問題演習のページがうざいとき。

 

などなど、ルーズリーフの追加、削除の機能はかなり便利だと思います。使う機会は少ないけど、その機能がないと困るタイプの機能です。

 

例えるなら、

11月下旬で、唇がメッチャ乾燥してるんだけどリップクリームを持ってない感じ。まだ、リップクリームいらないと思ってたんだよ!

 

 

メッチャ対応力が高い

受験に必要ない授業で、全然ノート取らないで終わってしまう授業とかってないですか。

3月に1年のノートや教科書を整理しているときに、½もいってないノートや8ページくらいで終わってるノートないですか。

 

残ってる部分ってもったいないですよね。

でもルーズリーフなら1枚ずつ書けるので、中途半端にノートが終わることはないです。

 

プリントが多い授業とかは、よくノートにプリントを貼ったり、挟んだりしますよね。

でも、、ノートにプリントを貼ると、ノートがモコっと膨らんで見栄えが悪いです。また、ノートに挟んでも、スルッと落ちてしまいますよね。

ルーズリーフならプリントに直接穴をあけて、一緒に管理できます。

 

学校の友達がやっていたんですが、

 

ルーズリーフに図や表をプリントできる

 

そんな使い方があるのかー、と感心しました。ちなみに、その友達は成績悪いです。コピーするだけで勉強しないタイプの人(笑)。

複雑な図や、表などをパソコンやスマホからコピーできます。

まとめると

  • ノートが中途半端に終わることはない。
  • プリントも一緒に管理できる。
  • ルーズリーフに図や表をプリントできる。

 

 

かなり持ち運びやすい

私なんかは英語以外の教科書とノートは置き勉してしまうので、この悩みは分からないですが、人によっては重要なポイントになると思います。

 

今まで、毎日ノートを5冊とか運んでいたのが紙10枚くらいになるわけです。

 

神か!

 

紙だけに(笑)。すいません。ちょっと、レベル低すぎました(笑)。

 

その日に板書する分だけのルーズリーフがあればいいので、一日10枚あれば足りると思います。

 

あと、「ちょっと自習しよう」っていうときに、勉強したい分野、単元の部分のルーズリーフだけ持って行けばいいと考えると、かなり荷物が少ないですね。

電車の中でノートを開いたら邪魔ですが、ルーズリーフなら大丈夫です。

 

まとめます。

  • 一日に持って行くのは紙10枚。
  • 運ぶときも数枚。
  • 電車でも場所を取らない。

 

 

デメリット

表裏間違える

ルーズリーフあるある。

ルーズリーフを使ったことがある人ならわかると思います。

本当は穴を左にして書かないといけないのに、右にして書いて、前のページとつながらなくなるやつです(笑)。

やってみると分かります。

 

ついでに他のあるあるも紹介しておきます。

授業終了5分前くらいになってもう余白がちょっとしかないからこれ以上板書しないように先生に祈る。

よくある。

右利きの人が左側のページに書くときリングが手に当たって何気に痛い。

最近は柔らかいリングや、リングが上下にしかついていないものが売っています。

たくさんもっててノート忘れたやつに配るやつがいる。

ありがたい。

 

 

 

管理が面倒だし、難しい

よくあるのが、

ノート提出の時に抜けがあることに気付くけど、見つからない。

です。

ルーズリーフは一度なくすと、ほぼ確実に見つからないです。

 

あと、一度バラバラになると順番がわからなくなります。

 

<注意点>

  • ルーズリーフは書いたらすぐにバインダーに挟む。
  • ルーズリーフには日付、番号を書いておく。

 

 

意外とファイルはかさばる

メリットで紹介した通り軽いんですが、バインダーが結構厚い。

バッグの中で分厚いバインダーがあると結構かさばるんですね。

<注意点>

  • 薄いバインダーなど、自分で選ぶ。

 

「テフレーヌ」のルーズリーフのバインダーはかなり薄いのでおすすめです。

 

 

 

ノートのメリット、デメリット

こちらも、メリット、デメリットを紹介して、あとで活用法やおすすめの教科を紹介します。

メリット

達成感や愛着ができる

ノートが一冊終わった時の達成感。

日々の小さな幸せですね。私は小さな幸せは好きです。ポカポカな日に外に出て、日向ぼっこしてみてください。幸せになります。

 

話がそれましたが、ルーズリーフにはない感覚です。

 

そして、愛着がわく。

新学期に気合を入れて使い始め、若干嫌になりながら使い続けたノートには思い出や、愛着が残ってます。

ああ、こんなところに卑弥呼の落書きが。ここにはザビエルが。こっちには理科の板書がある。

全部昔の私の話です(笑)。

 

やっぱり、受験勉強は精神勝負、モチベーションが大事なので、メンタルも重視していって良いと思います。

 

 

管理が楽

ルーズリーフと違って、ノートごと失くさない限りなくならないです。

ノートは大抵失くさないですよね。失くしてもきっとすぐ見つかるし、バラバラにもなりません。

特別な管理をしなくても時系列順に進むので、先生が授業がうまければ復習はしやすいと思います。

 

そして、背表紙やノートの色で見分けがつきやすい

ノートは背表紙があるので、何冊も並んでいる状態でも見分けがつきやすいです。あと、ノートの色でも見分けがつきます。

まあ、ルーズリーフもちゃんと管理すれば見分けがつきますけどね。

 

 

デメリット

多くはルーズリーフのところに書いたので、ルーズリーフのところを読んだ人は流してください。

内容を追加しにくい

ノートはページの追加や削除がしにくいです。

ノートをはさみで切ったり、付箋で内容を追加することはできます。でも、大幅な内容追加は出来ないです。

プリントも貼ると、ちょっとはみ出たり、モコっと見栄えが悪くなったりします。

かといって、挟むだけではスルッと落ちてしまいます。

 

 

重くてかさばる

試しに、バッグを背負ってみてください。その後にノートを5冊入れて背負ってみてください。

それなりに重くなると思います(笑)。

 

もともとバッグが重いときは、より感じます。

また、ノート5冊分の厚さは結構なものです。

 

どうでもいい情報失礼しますが、

私中学1年生のころは毎日ノートを5冊くらい持って行っていたんですが、バッグがパンパンでどういれるか毎朝3分くらい考えていました。

 

 

対応力が低い

ページ数が決まっているので中途半端に余ったりしますね。

まだ授業の途中なのにノートが終わって、授業の内容が2冊のノートにまたがったりします。そうすると非常に復習しにくいです。

 

 

ルーズリーフの活用法

私がおすすめするのは

 

ノートとルーズリーフを使い分けることです。

 

なんだ、普通だ。と思いましたか。

でも成績上位者はみんなやっています。

数学はノートだけど、歴史はルーズリーフ。やっぱり、ノートは○○に向いてるなあ。など独自のこだわりを持っています。

 

だいぶ上まで行くと、ノートしか使わない、やノートを取らないというこだわりの人も見受けられますが(笑)。

基本的に成績上位者は使い分けがうまいです。

 

 

ルーズリーフのおすすめの活用法

活用法としては

  • プリント主流の授業に
  • 暗記系の科目に
  • まとめノートに

です。

 

プリント主流系の授業は、プリントに穴を開けてルーズリーフと一緒に挟みます。そんで、ルーズリーフにノートを取って見開きで見れるようにしておきます。

 

暗記系の科目、地理や歴史、公民など、ルーズリーフに地図をプリントしてもいいでしょう。地理なら日本地図、歴史なら縄文時代の遺跡など。

中学生なら理科も実験器具の図も書けますね。

 

まとめノートを作る際はルーズリーフのほうがおすすめです。

ボールペンでミスっても書き直せますし、そもそもまとめノートってそんなにページ数多くないですし。

 

ルーズリーフの使い方

ルーズリーフにも欠点があるので、そこをカバーできるような使い方をしましょう。

  • ページには番号や日付を書く
  • 定期的に存在を確認する

ページにはしっかり区別できるように、番号や日付を書いておきましょう。なくなると面倒だし。

定期的にルーズリーフの存在を確認しましょう。なくなったことに気づかずに提出になると慌てますから。

存在の確認のためにもページには番号や日付を書いておきましょう。

 

ルーズリーフのおすすめグッズ

ファイブチャートライト

 

なんと言っても見た目がカッコいい。

表紙には透明タイプではないながら5山のインデックスが見えます。この5色と黒の組み合わせ方が大人のオシャレ。

私の学校の友達も持っていました。

その友達やたら、このバインダーをちらつかせて来るんですね(笑)。カッコいいから私も憧れていましたけど。

ただ、最大収納が約70枚で少々もの足りないです。

カッコいいので、保管用でも筆記用でもどうぞ。

キャンパス バインダーノート 26穴

 

私も持っています。

王道感があります。学校の先生にも使っている人がいます。

表紙が半透明で、オシャレですね。ファイブチャートライトとは違うオシャレさ。

インデックスもかなり見やすいです。

最大収納は約100枚と約150枚があり、大容量です。

リングはプラスチックのものが多いです。私は金属のリングをおすすめします。リングは結構壊れやすいですからね。

しかも、リングはワンタッチ式の開閉でやりやすいです。

圧倒的に保管用に向いていると思います。

 

キングジム リングノート テフレーヌ

 

見ての通り、中間部にリングがありません。

私も持っていますが、今までのバインダーより相当書きやすいです。表紙もリングに綴じられているので、表紙を1周させ折り返すことが可能。

こちらもワンタッチでリングが開閉します。

最大収納は約30枚なので、ルーズリーフの保管用よりは筆記用として使った方がいいと思います。

あと、リングがバインダーから飛び出しているので、バッグにしまうときに注意しないと教科書などの端が引っ掛かります。

 

キャンパス バインダーノート B5 26穴

 

テフレーヌ同様筆記用です。

最大収納は約25枚。そのかわり、リングは小さく邪魔にならなくなっています。

こちらも表紙を1周させ折り返すことが可能。

テフレーヌとどちらが書きやすいかは個人差あります。

是非試してみてください。

 

ノートの活用法

コピースペース フレーム イラスト 落書き 背景 白紙 画用紙 四角 リング テクスチャ ルーズリーフ ノート フローリング コーナー ペーパー ページ 紙 エンピツ 枠 メモ帳 らくがき デッサン 写生 描く めくる ペン画 絵画 自由帳 ホワイト 事務 手 女性 ペン 赤ペン 文房具 筆記用具 チェック 目印 ビジネス 仕事

ノートのおすすめの活用法

おすすめの科目や活用法として

  • 演習多めの授業に
  • 復習をどんどんする授業に
  • 走り書き用

 

演習を多めにする数学や高校生の化学、物理などはノートがおすすめ。

別にルーズリーフでも困ることはないんですが、ノートは一冊終わると達成感があるからです。

 

復習を毎日するような授業では、ルーズリーフにするとページ数が増えて管理が大変になるのでノートがおすすめです。

あと、時系列順に並ぶので、復習しやすいと思います。

 

走り書き用は私の使い方です。

公民の先生がメッチャ喋る人で、授業の内容をノートに書こうと思うと、とても綺麗な字では書いていられません。

だから、ノートに走り書きしてメモってから、ルーズリーフにまとめる方法を取っています。

 

ノートの使い方

  • 余白を多くとってノートに書く
  • 付箋などの便利グッズを活用する

この2つを守ると、使いやすくなると思います。

 

ノートは後から情報を追加するのが難しいので、余白を多めにとってノートを取りましょう。

そうすれば、あとから情報を追加することもできるし、余白が多くて見やすいノートになります。

 

付箋などの便利グッズを使って是非とも使いやすいノートを作ってください。

先生の補足的内容は付箋でつける。

分からなかったところは付箋で、理解できない内容をまとめて後で誰かに質問する。

などなど、自分が使いやすいようにカスタムしてみてください。

 

ノートのおすすめグッズ

Campusノート B5 プリントがそのまま貼れる

 

こういう商品名なんですよ、たぶん。Amazonにはこう書いてありました。

私はプリント貼るならルーズリーフとバインダーで管理しますが、ノートを使うならこのノート。

プリントを貼ってもはみ出ないので、見栄えが良くなります。それでも、モコっと膨らんでしまいますが。

 

キャンパスノート A4

一見普通のノートですが、1サイズ大きいA4判です。

単純に書き込める情報量が増えるので、おすすめです。

 

付箋 細い

こんなのがおすすめ。

ルーズリーフのバインダーで言う、インデックスの代わりに使えます。あと、オレンジペンで書いた内容は、半透明の赤色の付箋で隠すと文字が消えます。

 

付箋 太い

ナカバヤシ 付箋 75×75mm 100枚×10冊 4色アソート 64465

付箋になにか書く用。

個人的にはナカバヤシ 付箋 75×75mmが好きです。

100枚×10セットで950円。

1枚約1円の安さです。

ノートの余白と合わないときは、どうせ安いのでガンガン切って貼っていけます。

 

まとめ

今回はノートとルーズリーフのメリット、デメリット、活用法について紹介しました。

ちなみに、私は

 

数学:基本ノートなし。演習だけノートに。

英語:ノートなし。

国語:ノートなし。

古文:ルーズリーフとプリントの組み合わせ。

社会系:ノートに走り書き。ルーズリーフにまとめ、復習。

理科系:ルーズリーフでちょっとだけ板書。

 

って感じです。(紹介したけど、誰得だ?)

紹介した割に、ノートを取らないっていう(笑)。

結局はノートを取ることが大事なんじゃなくて、授業を理解することが大事ってことです。

ちなみに、そのことについて紹介している記事があります。是非よんでください。

「良いノートの取り方とは」って考え方が少しずれてない?本当のノートの取り方

 

今日の名言

いろいろ考えられる選択肢の中から、
「この一手」を選ぶのは
自分しかいないわけです。

羽生善治

ノートにするか、ルーズリーフにするか、それとも合わせて使うかは全てあなた次第。

 

-中学受験, 大学受験, 高校受験

執筆者:


  1. […] 成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい […]

  2. […] 成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい […]

  3. […] 成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい […]

  4. […] 成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい […]

  5. […] 成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ノートのまとめ方」で悩んでる中学生、高校生ちょっと来い!

  あなたも「ノート まとめ方」とか「ノート まとめ方 かわいい」みたいな言葉を検索窓に入れたましたね。   今回は「ノートのまとめ方」や「まとめノート」の話です。 そこで、私は「ノートのまとめ方」に …

【みんな間違ってる】速読英単語 必修編のレベルと真の使い方!

  速読英単語というと入門編・必修編・上級編がありますが、実際みなさんが使う可能性が一番高いのは「必修編」でしょう。 ということで、 今回は「速読英単語 必修編」特集です。   特に、「使い方」に関し …

「宿題をやる意味・メリット」について本気で考える人は天才説!?

  日本人のほぼすべてが必ずぼやく、   「なんで宿題をやらなければいけないの?」   しかし、多くの人は「宿題の意味」について本気で考えたことがないと思います。 今回はその「宿題の意味・メリット」を …

【保存版】勉強にやる気が出ない受験生へ!超おすすめの解決法5選!

  勉強にやる気が出ない。 もう受験生なのに。さすがに勉強しないとヤバイのに。なのに、勉強のやる気が出てこない。   受験生あるあるですよね。 そもそも、今まで勉強してこなかった人が急に勉強を始めて「 …

【大学受験 英語】0~センター198点までの勉強法・参考書を公開!

    英語の偏差値を上げたい! 数学がダメだから英語で稼がないと。 今は全くの英語バカだけど、将来的には…   そんな人たちのために、今回は私の実際の軌跡を紹介します。 中学生レベルの英 …