中学受験 大学受験 高校受験

【勉強】「音楽聴きながら」の方が集中できない!けど良い効果アリ!

投稿日:

 

誰でも、「音楽を聴きながら勉強する」ということは経験したことがあると思います。

でも実際に「音楽を聴きながら」で効果は出ているのか。

集中できてない気がするけど…

 

みなさん同じ悩みをお持ちだと思うので、ここで私の体験談+科学的根拠でハッキリさせます。

 

たぶん、デメリットの方が気になると思うのでデメリットから。

 

勉強 「音楽を聴きながら」のデメリット

①集中力は削がれる?

音楽を聴きながらの勉強というのは、

 

「耳」からの音楽

「目」からの情報

 

という2つの感覚を使って、別々の情報を取り入れています。

脳は2つの情報を同時に処理しようと頑張っているわけです。脳からしたら仕事量は2倍になってます。

だから、1つの情報処理に使える力は今までの半分になってしまうんですね。

 

集中力は半減!

というわけです。

 

リスニング問題を解きながら、世界史の用語を覚えても暗記できないですよねw

そういうことです。

 

勉強中に音楽を聴いていると、よく歌詞ばっかり頭に入ってきて勉強に集中できないことありませんか?

勉強への集中力は半減どころの騒ぎではないですねw

ほぼ0になってますw

 

しかし逆に、聴く音楽を「クラシック」や「自然の音」にすれば集中力は上昇するようです。

クラシックや自然の音を聴くと、脳からα波が出されて、適度なリラックス状態になるそうです。

適度なリラックス状態はもっともパフォーマンスが向上する瞬間で、勉強するにはもってこい!

 

つまり音楽を聴くものによって、集中力が減るか増えるかは変わるわけです。

すくなくとも、「TT Japanese.ver 」は集中力を削ぎそうですw

 

勉強 「音楽を聴きながら」のメリット

ここからが大事。

私は「音楽を聴きながらの勉強」にはメリットも多くあると思います。

 

①ノリノリで勉強できる

あなたはノリノリで勉強したことがありますか?

 

おそらく日本人の99%は「NO」と答えるでしょう。当たり前すぎます。

でも自分の好きな音楽を流しながら、ライブ感覚で、ノリノリで勉強するのって楽しいですよね。

 

嫌々机に向かって勉強するなら、音楽流しながら楽しく勉強した方が効率はよさそうですよね。

 

私は世界史の勉強がずっと苦痛でした。似たようなカタカナばかり出てくるし、覚えにくい。

だから「世界史を勉強している時間だけはBGMアリ」というルールで勉強し始めたわけです。

最初のうちは音楽聴きたさで勉強していました。が、何度も繰り返して勉強しているので少なからず世界史も覚えているんですよね。

そのうち世界史の用語をだいぶ覚えてから、勉強がかなり楽になりました。

音楽聴きながらで毎日少しずつ頭に刷り込んでおくと、「本気でやるぞ!」ってときには下準備は終わってるわけです。

だからスラスラ進むんですよね。

 

結局、勉強は最初が肝心なんです。楽しければ続けられるし、続けていれば勉強そのものが楽しくなってくるかもしれない。

しかも、ノリノリで勉強していれば眠くならない!

 

「音楽を聴きながらの勉強」というのは、勉強の継続にとてつもないくらい良い影響を与えるわけです。

やる気、モチベーションの維持を勉強そのものではなく、音楽によって成立させるのは良い方法だと思います。

 

普段から勉強が続かない人は、ぜひおすすめしたい。

私も「オドループ」聴きながらノリノリで漢文の否定形を全部覚えきりましたw

 

②雑念が出てきにくい

勉強しているときって、変な雑念がやたら出てくる日がありませんか。

 

今週のワンピースのなんだろ?

明日の1500m走嫌だなあ。

 

みたいなw

でも、なぜか音楽を聴きながら勉強しているときは雑念が全然出てこないんですね。

そもそも雑念って何にも集中できてないときに生まれてきますよね。暇でボーっとするとき。

 

音楽聴きながらだと、ずっと耳に音楽が入ってくるからか雑念が生まれないんですよ。

それで、音楽を楽しみながら勉強していると、いつのまにか超集中状態。

 

何の音楽を聴いていたのかも、どれくらい聴いていたのかも覚えてないです。

 

いつの間にか集中できているんです。集中すれば音楽なんて聞こえないので、それでOKです。

 

私の勉強は音楽から始まると言っても過言ではない。

 

③周りの雑音を消せる

自分の世界に入り込めないと集中できない。

 

そういう人っていると思います。マックやスタバでは周りが気になって全然集中できない。

そんなときは音楽を流すことで、自分の世界と外界をきっぱり分けてしまいましょう。

 

音楽が邪魔なら、イヤホンのノイズキャンセリング機能を使ってください。

そうすると、周りの雑音はスッキリ消えます。自分の世界に入り込めます。

 

音楽って本当に便利。

 

勉強 「音楽を聴きながら」向きの科目

数学・物理・化学・復習

は音楽を聴きながらの勉強でもほぼ邪魔されませんし、集中もしやすくなります。

 

ただ、

日本史・生物など暗記系思考力バチコリ系

は音楽の歌詞と混ざって覚えにくくなるので、出来れば避けてほしい。歌詞なしなら全然OKだと思いますけどね。

あと本気で悩むときは音楽が邪魔になると思います。

 

そこらへんは勉強しながら邪魔になったタイミングで判断してみてください。

 

まとめ

私は「音楽を聴きながら」の勉強は大賛成です。

東大生の中にも、音楽を聴きながらの勉強で合格した人も多々います。

 

しかし、やはり人には向き不向きがあると思います。

音楽を聴きながらの方が勉強できる人もいれば、静寂の中で勉強した方がいい人もいます。

たまたま私は後者だっただけです。

でも1つ言えることは、「音楽を聴きながらの勉強」は必ずしも「悪」ではないのです。

1つの選択肢として考えてみてください。

 

 

 

-中学受験, 大学受験, 高校受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【受験】親の「うざい」「うるさい」言動4選!これは耐えられない!

  受験生の3大悩みの1つ 「親がうざい」 「親がうるさい」 私が現役の学生であり、受験での親の「うざい」「うるさい」言動はまだ鮮明に覚えているうちに紹介します。 親の最悪な言動5選。   その前にこ …

これが中高一貫だ!本人が語る中高一貫のメリット、デメリット。

どうも、こんにちは。 首都圏の私立中高一貫に通う人間です。学校の偏差値は四谷で65~です。あんまり言うと、学校バレちゃうんでこれくらいにしておきます。   最近の東大合格校ランキングは上位が …

【中学受験 算数】基礎固めするには必要不可欠な○○とは!?

みなさん、こんにちは。 一応自己紹介しておくと、私は首都圏の進学校(四谷で偏差値65は超えてます)に通っている学生です。 記事の信憑性にもかかわるので、言っておきました。 ということで本題に入ります。 …

『大学入試共通テスト』の科目別の特徴&対策!英語の外部試験とは?

  大学入試が変わる! センター試験はもう廃止されて、新しい入試が導入される。 記述も増える。     予備校業界や他色々な人たちが、大学入試の変革で騒いでいます。 そして、肝心の受験生はそんな情報に …

成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい

今回はノートとルーズリーフのメリット、デメリットを紹介しようと思います。   その前にルーズリーフと言えば、 中学校や高校で同級生がバインダーに挟んでルーズリーフで板書している人がいると憧れ …