塾関係 大学受験

『大学入試共通テスト』の科目別の特徴&対策!英語の外部試験とは?

投稿日:2019年11月1日 更新日:

 

大学入試が変わる!

センター試験はもう廃止されて、新しい入試が導入される。

記述も増える。

 

 

予備校業界や他色々な人たちが、大学入試の変革で騒いでいます。

そして、肝心の受験生はそんな情報に不安をあおられて、正確な情報ももらえないまま焦っている。

 

そんな状態だと思うので、今回は『大学入試共通テスト』についてできる限り詳しくまとめてみました。

ぜひ、対策に使ってください。

 

大学入試共通テストとは

大学入試共通テストとはいったい何なのか。

 

簡単に言えば、

センター試験のカッコいい名前

です。

結論から言いますと、大学入試は大して変わりません。ちょっと面倒くさくなるだけで、ほぼ同じままです。

 

変化後のセンター試験の名前

 =大学入試共通テスト

というわけ。

 

実に簡単ですが、なぜ変えようと思ったんでしょうか。

 

大学入試共通テストの目的

なぜ大学受験が変わったのかというと、

知識の理解の質を問う問題や、思考力、判断力、表現力を発揮して解くことが求められる問題を重視する

問題を作りたいかららしいです。

 

実際、今までのセンター試験って「暗記ゲー、計算力ゲー」なところが強かったじゃないですか。

「でも、それを真の学力というのか?」って言いだした奴がいて、そいつのせいで

「思考力・表現力も採点できる試験を作ろう!」

 

ってなったわけです。

 

そして安易にも「記述問題の導入で思考力・表現力を計ろうとしているわけです。

 

大学入試共通テスト 科目別対策

ここからは科目別に、何が変わったのかを見ていきます。

数学 対策

難易度:ほぼ変わらない

内容配点・時間記述
数学①数学1A100点・70分
数学②数学2B100点・60分×

太字が変化したところです。

 

数学1Aの時間が

60分→70分

 

その分

記述式の追加

 

数学における大学入試共通テストの変更点はこれだけ。

しかも記述式と言いながら、

  • 式を書くだけ
  • 一言書くだけ

の問題ばかりです。

 

「一言書くだけ」というのは、本当に5,6文字書いたら終わってしまうような非常に簡単な記述が3題。

高校生にとってはウン〇ッち問題。

 

わざわざ記述式の対策勉強をする必要はないし、出題される問題もセンター試験と大差ないので心配はいりません。

 

英語 対策

難易度:やや難しくなる

内容配点・時間記述
筆記読解100点・80分×
リスニングリスニング100点・30分×

太字が変わったところ。

まず英語筆記(=リーディング)の内容が変わります。

発音・文法・読解 読解のみ

 

今までセンター試験の前半で聞かれていた「発音問題」「文法・語法」の単独での出題はなくなります。

単独でのというのは、「文法だけを聞く大問はなくなる」つまり「読解の中で聞く可能性はある」ということです。

 

ただ東進の共通模擬テストでは文法は問われていなかったので、もし出題されても文法は相当少ないでしょう。

 

そして読解問題が非常に増えました。

まあ大問数は変えずに、発音・文法を読解問題に変えたから仕方ないんですけどね。

総語数は

4200→5400

と1.3倍になりましたが、制限時間は変わっていません。

つまり英文を読む速度も1.3倍にしないと間に合わないということです。センター試験でさえ時間がない人には少々つらいかもしれません。

設問の難しさは変わっていないので、純粋に速読すれば間に合うでしょう。

 

あと成績上位者からすれば発音問題が消えて、余計な失点の心配がなくなるので高得点で安定すると思います。

 

 

そして2つ目の変更点は、

リーディングとリスニングが対等

 

今まではリーディング200点・リスニング50点でしたが、各々100点に変わります。

当然ながらリスニングの問題数は増え、1.5倍になります。

後半のリスニングをして「表を埋める問題」「人の意見を判別する問題」などでは、1度しか再生されません。

最後の大問2つはそこそこ難しくなっています。

 

しかし設問が簡単なので、総合的な難易度は

やや難しくなる

程度だと思います。

 

 

ここで重要になる勉強法は

  • 速読力を鍛える
  • リスニング力を鍛える

勉強法。

つまり、音読。

 

おそらくは音読した量に比例して点数が決まってしまうと思います。

私も音読をするようになってから一気にセンター英語も198点まで上がりました。

ぜひ↓を読んでください。

 

国語 対策

難易度:ほぼ変わらない

配点・時間記述
国語200点+評価100分

 

まず国語は今まで通りのマーク式の問題が200点分。

これはセンター試験と変わらない普通のマーク式の問題です。

 

しかし、それに加えて記述式の問題が3問追加。

それに伴い試験時間も

80分→100分

になります。

 

記述の問題は約20文字、約50文字、約100文字の3つ出題されて、日常生活の資料をもとに答える問題です。

とは言っても、

資料に書いてあることを丁寧に抜き出せば正解できるようになっているので、下手したら学校の定期テストの記述より簡単です。

 

記述問題は3題それぞれが3段階のABCで評価され、3題の総合値はA~Eの5段階で評価されます。

もちろん、Aを多くとった方が総合値は高くなりやすいですが、3問目の100文字記述の方が他の2題より比重が重いです。

 

ちなみに↓みたいな感じで採点します。

https://www.keinet.ne.jp/dnj/21/20kaisetsu_02.html

2度目になりますが、記述は200点とは別で採点されます。

記述の配点がどれくらいになるかはまだ分かりませんが、おそらく50点程度だと予想されます。

 

 

大学入試共通テスト 外部試験とは?

ちょっと文字数多くなってきちゃったんで、外部試験についてはもう1記事書きます。

↓で確認してください。

 

まとめ

今回言いたかったのは、

大学入試が変わっても、勉強法は変わらない

ということ。

 

だから受験生は今まで通り、特別なことなどせず勉強していれば大丈夫だということです。

もちろん、どんな勉強法をとるかで成績の伸びは違います。

 

ただ、大学入試共通テストのために特別なことをする必要はないので安心してください。

 

 

 

 

-塾関係, 大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【スマホ依存 対策】絶対にスマホから脱却できる最強3つの対策法!

  スマホ依存症。 最近はずいぶんと話題になっています。 スマホ依存症の本人もスマホ依存にメリットが少ないばかりか、デメリットがかなり多いことは分かっています。 分かっていても止められない。   それ …

【学生の不思議②】数学:なぜ1=0.9999…が正しい?誰でもわかる証明5選

  今回は「学生の不思議」シリーズの第2弾で、「なぜ1=0.9999…が正しいのか」という記事になります。 イェーイ 空前絶後の超絶孤高の「学生の不思議」!   ということでね。今はもうTV出演の少な …

映像授業は合わないと意味ない!でも合えば無敵の受験最強ツール。

最近はやりの映像授業。 今では大学受験大手の塾、予備校はほとんど全部映像授業を取り入れていますよね。東進はもちろん、河合も駿台もです。 そして、スマホのアプリとして登場してきたスタディサプリやtry …

【高校生必見】大学受験はスタディサプリで無双できる5つの理由!

  最近CMも出して、どんどん知名度の上がっている「スタディサプリ」。 おそらく、日本の高校生の95%は スタディサプリを使うかどうか で迷ったことがあると思います。しかし、私はハッキリ言います。 ス …

数学は薄い問題集こそ正義!網羅系なのに薄い基礎問題精構とは?

今回は、数学の薄い問題集・参考書について紹介していこうと思います。 なぜ、青〇ャートみたいな信頼とページ数が厚い問題集を使わないのか。(←結構うまくねw)   それは、 中途半端になるからです。   …