生活を豊かに

基本的に「大学へ行かない」という選択が正解だと思った話。

投稿日:

 

 

最近、

私がバカ真面目に考えていたことがあります。

 

それは、

「大学へ行かない」という選択肢

です。

本当に大学へ行く意味はあるのか。

高校生の3年間と大学4年間を使って勉強することに、7年分の価値はあるのだろうか。

そう思い始めたわけです。

 

ということで、

今回は「大学へ行かない」という選択肢について、考えていきたいと思います。

 

「大学へ行かない」を考えたわけ

一番の理由は、親に金がないことです。

うちの家庭は別に貧乏ではないですが、無意味に進学するほど裕福でもないわけです。

ようするに一般的な家庭です。

 

だから、

できれば費用を抑えたい
妹の学費も残しておかないといけませんし。

そんなふうに考えていました。

実はですね。

費用について真面目に考えると、
「大学へ行く」という選択の重大さが分かります。

 

一般的に大学の学費は、

私立理系:600万円
私立文系:400万円

と言われていますから学費平均500万円はかかります。

そして、

大学へ通う人の多くは交通機関を使います。半年の定期5万円とすれば、4年間で交通費約50万円ですね。

もちろん一人暮らしの場合はより費用がかかります。

 

さらに

大学受験のためには勉強する必要があるので、予備校費用の約150万円です。浪人すれば200万円もこえるでしょう。

 

大雑把な計算ですが、

「大学へ行く」という選択により、

合計700万円の支出

これに追加で、「大学生活の4年間」という価値もついてきます。

 

つまり、

「大学へ行く」
=700万円+4年間

ということです。

私は「大学で勉強する」という行為を、700万円の価値があるものにできるかすら不安でした。

 

東大へ行ったとしても、

就職の際に大学名だけでふるい落とされないというだけで、会社に入ってからは自分の能力次第です。

起業してしまえば、大学名なんて関係ない

 

そこで私の母親は

「大学なんて社会勉強だよ」
「色々なアルバイトをして
 社会経験を積むんだよ」

と言いました。

 

では、

なぜ大学へ通うのでしょうか。

 

社会経験を積むだけならば、大学を辞めて一日中アルバイトしたり、正社員として働いたり

「大学へ行かない」方が社会経験をより多く積むことができます。しかも経済的なダメージが少ないどころか、収入は+です。

 

もちろん、

私も理解しています。

大学へ行かないと就職に不利になる

 

でも今の時代、どんな企業もすぐ消えます

財閥の三菱自動車ですら日産に吸収されるしまつです。中小企業に至っては、「コロナ拡大」で全滅です。

会社に身を任せても餓死します。

大企業ならまだしも、中小企業は頼りなさすぎる

 

大学へ進学したところで大企業に就職できるわけでもない人達

そんな人は10年もすれば、

感染症か災害で勤めている会社は倒産するかもしれません。

 

もっと高確率でありうるのが、

外国人雇用による失業です。インド人や韓国人の方が勉強もITもできるし、フィリピン人の方が安いです。

たいていの日本人は、

勉強もITも英語も使えないのに、給料だけは非常に高い

 

脳なし日本人に需要はないです。

 

今、中途半端に勉強して一生使わないスキルを身に付けても10年後には路頭に迷ってます

 

東大や京大、早慶やMARCHに行けない人だと、

700万円払って、
4年間をムダにして、
中途半端な学力を身に付け

最悪の場合、

30歳半ばで失業して路頭に迷います。

 

だったら、

その700万円と4年間をつかって、他の生きる術を身に付けた方が得なのではないか。

「勉強」などという間接的に収入を上げるものより、「スキル」という直接的に収入を上げるものを習得する

自分だけの「スキル」を習得すれば、超高所得者にもなれます。

自分の希少価値を高めるのです。

 

Youtuberやブロガーは良い例です。「コミュ力」「ライティングスキル」などで稼ぐのです。

アフィリエイターは「情報」を武器に金を稼ぎます。

 

「大学へ行かない」なら武器が必要

先ほど言った通り、

「大学へ行かない人」には、

700万円と4年間

が与えられます。

 

あなたが大学へ行っても何も学ばないなら、「700万円+4年間」はあなたの人生に無条件で追加されるようなものです。

本来ならドブに捨てる「700万円+4年間」でしたから

 

だから、

この「700万円+4年間」を使い潰してやっと、他の大卒と同じスタートラインです。

 

「700万円+4年間」を使う間に、他の大卒生にはない「武器」を入手できれば人生勝ち入手できなければ人生負けです。

(まあ中途半端な大学に行けば無条件で10年後に負けが確定しますけどね。)

 

「700万円+4年間」もあれば、何か1つの分野を極めることも可能だと思いませんか。

今まで勉強も運動も中途半端だった人でも、

4年間本気でスキルを身に付けに行けば、それなりに使える技術が身につくはずです。

いや身に付けなければいけません。

 

「大学へ行かない」はギャンブルだが必要な選択

高学歴になり弁護士や医者になるのは安泰コースですが、

「大学へ行かない」という選択は、ギャンブルです。

成功すれば高所得者ですが、成功する保証もないし、成功が続く保証もありません。

 

しかし、

「中途半端な大学へ行く」というのは、自殺行為です。その先の道は既に閉ざされています。

先ほど説明した通りです。

「中途半端な大学へ行く」のは何のメリットもない選択です。

 

 

だから「中途半端な大学にしか行けない人」には「大学に行かない」という選択は最善の選択だと思います。

実際、

「大学へ行かない」という選択をして生きる術はたくさんあります。

 

私は中3でこのブログを始めました。

今ではこのブログも月間10万人以上が見に来ます。専門用語でいうと月間10万PVというやつです。

私のブログはビジネス用に収益化していないので、月にコーラ100本ほどの収入にしかなっていません。

しかし、

同業者では月間10万PVもあれば20万円以上稼ぐ人も、メチャメチャいます。

 

あと月間10万PVというのは、まだまだ未熟な数字です。

向いている人なら誰でも通過できるレベルです。少し努力すればいいんです。

しかも、

初期投資額は1万円以下です。

サーバー代とドメイン費用という2種類だけです。サーバー代は年6000円くらいで、ドメイン費用は年1,000円くらいです。

 

完全なノーリスクです。

お年玉で足ります。

でも上手くはまれば、いずれ月収20万円くらい誰でも超えると思います。

 

ハイリターンではないですが、生活するには十分でしょう。

補足しておきますが、

私の月間10万PVは勉強の片手間にやって、の話です。本業としてやれば、みなさんは一瞬で達成できると思います。

 

まとめ

「大学へ行かない」という選択はネガティブな選択ではありません。

しっかり覚悟して選択すれば、

「大学へ行かない」という選択があなたの人生を変える可能性は十二分にあります。

むしろ、

成功したいなら「大学へ行かない」方がいいかもしれません。

今回の私の考えは参考程度に、

最後は自分で考えてみてください。

 

 

 

-生活を豊かに

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【秀逸&名作】超面白いAmazonレビュー18選!「これは天才www」

    なぜか面白い文章が大量に載っている Amazonレビュー   商品の感想を言い合うはずが、ただの大喜利大会になってしまったAmazonレビュー。 その中でも特に面白いAmazonレビューを全部 …

【2019年版】超おすすめ!これから来る小学生の習い事5選!

  IT時代。大学入試の変革。東京オリンピック。   最近、日本には多くの変化がもたらされています。そして、それは学校の勉強や受験にも少なからず影響するもの。 そこで新時代の小学生がやっておくべき習い …

最高のジャンプ・ヤンジャンのバトル系漫画5選!受験の息抜きに。

  最近は本当に漫画にはまりすぎてヤバいですね。 この8月だけで5作品くらい読みましたね。留学とか部活とか結構あって暇じゃなかったんですけど、頑張って時間作り出しましたよw 私は特にバトル系の漫画が大 …

no image

【海外体験記】ハーバード大とマサチューセッツ工科大の絶対的違い。

  はい。 2019年の夏休みを使って、アメリカに留学行ってきました。 まあ留学先は、向こうではそれなりに有名らしいBoston Collegeっていうところでした。 ハーバードとマサチューセッツはO …

読書は意味がない?読書は無駄だが、役に立つ。たった1つの理由!

    読書をすると頭がよくなる。 成功者はみんな読書をしている。   そんな話はよく聞きますが、本当に読書の効果はあるのか。 読書してみたけど、まったく効果も出ないし、実は意味ない行為だったのではな …