大学受験 英語

確実に実力がつく!ベストな英語長文の参考書を選ぶ4つのコツ!

投稿日:

 

 

参考書って
多すぎ!!!

 

人生で初めて書店に行った人は大抵そう思ってます。

特に英語の参考書の数は半端ない

 

そんな中でもひと際選びにくいのが英語長文の参考書。

色々な出版社が似たような長文の参考書を出している。しかも、同じシリーズ内で最大6種類のレベルにまで分かれている。

CDが付いていたり。
付いていなかったり。

 

こんな差を無視してテキトウに買うと。

ささいな差なようで、意外に気持ち悪くて勉強のモチベーションがなくなってくることも。

 

そこで今回は、

自分に合った確実に実力をつけていくための英語長文の参考書の選び方を紹介します。

 

 

英語長文の参考書
選び方① ギリレベルを選べ

英語長文の参考書を選ぶとき、

一番大事なポイントは

ギリ満点を狙えるレベルを選ぶ

 

多分、ほとんどの人は「ギリレベルを選べ」を、ギリギリ解けるレベルを選ぶことだと思ったはずです。

しかし、

私の考えではまったく違います。

 

 

正直、英語長文は実力以上の文章を読んでいても成績は伸びません

実力と同等か、少し高いレベルの文章を読んで、多くの設問を解いていくことで少しずつステップ・アップしていきます。

サッパリ分からないでは実力はつきません。

 

小学1年生に、いきなり微積分やらせても意味ないですよね。何度もやらせてれば、できるようになると思いますか?

無理ですよね。

一歩ずつ足し算から進むしかないです。

 

英語長文の能力も同じです。

エレベーターみたいに一気に上昇する方法はなく、階段を一歩ずつ登っていく以外の方法はないんです。

だから段差が広すぎると、登れずに時間だけ浪費してしまう

 

長文の解説を読んで「へぇ~。本文ではそういうことを言っていたのかぁ。全然わからんかった。」なんて思う勉強では無意味というわけです。

一番いいのは、

「この1問だけは最後の2択まで絞って選びきれない!!!」みたいにギリギリの戦いです。

 

その1問を必死に考えて本文を読み込むから、正解なら一歩成長を確認不正解でも判断のポイントを知って次は正解できるようになる。

丁度ギリギリだからこそ、正解しても不正解でも得られるものがあります。

 

しかも、

だいたいは自力で解けて理解しているので、長文1本で復習すべきポイントが絞られます

そのため復習効率がいい

 

たくさん復習することがあると、どうしても1個1個の復習が雑になります。結局どれも身につかず、成長率が小さい。

でも数が少なければ、高い質で復習をすることができる

間違えた問題をすべて吸収して自分の実力に変えることができる

 

ここで重要なのは、余裕で満点が取れるではなく。

ギリギリ満点が狙える

 

書店で英語長文の参考書の中見を見て、文章をザっと読んで「これなら結構いけそうだな」と思ったらOK。

少しヤバイかもと思ったら、パスです。

 

 

英語長文の参考書
選び方② 音声付きを選べ

これはもう命。

英語長文は解いて終わりだと思ったら、大間違い。

 

よく設問解いて、答え合わせして、「やったー!あってた!!」「ファ!??間違ってんのかよ」みたいにリアクションして終わりな人います。

だけど、

それは超もったいない。

復習して復習して、長文から得られるものすべて吸収して搾り取って、初めて勉強終了です。

そのために重要な役割を果たすのが音声。

 

 

長文で復習するのは設問だけではありません。むしろ、設問より本文をより復習するべきです。

本文を復習して確実に「英語回路」を作り上げていく

英語の順番のまま素早く理解していく回路を頭の中に構築していくことが、長文の点数を上げる最大のポイント

 

頭の中に回路を構築するには、何度も英文を読み、聴き、声に出して、理解していかなくてはなりません。

簡単に言えば「慣れ」がないとダメです。

 

そこで最高に効果的なのが「音読」です。

特にシャドーイング系統は本当に効果が高い

「口」「耳」「目」の五感のうち3つを同時に使いながら、英語を理解していくので脳での回路構築が早い早い。

使う3つの五感「口」「耳」「目」が英語用に鍛えられるので、そのままスピーキング・リスニング・リーディングの能力も上がります

 

ですがシャドーイングをするためには

音声が絶対不可欠

正しい発音・イントネーションで英語長文を読み上げてくれるCDやPDFファイルの付いている参考書でなければ、

シャドーイングはできない。

 

だから音声が付いているかどうか、というのは長文の復習の質にかかわる重要なポイントなんです。

 

 

英語長文の参考書
選び方③ 事前にランキングを調査

いきなり書店に行って、

英語長文の参考書すべてを見比べて選ぶのは難しい

 

だから事前に3つほどに絞っていきましょう

そりゃあ、たくさんの参考書を見れば不安にもなるし、どれが一番いい参考書なのか分からなくなります

でも、

最初から「○○か△△か××の中から決めよう!」と決めてから行けば、比較もしやすく自信をもって選べます

 

そのためにも、

書店で実際に参考書を目にする前に「英語長文の参考書ランキング」などを調べて、評価の高い参考書にめぼしを付けておきましょう

ネットでは、

記事の内容量を多くするため(そうするとブロガーは色々と有利になる)に、しょうもない参考書まで紹介する人もいます。

目安としては、

5種類ほどの参考書に厳選して紹介している記事は信頼に足ると思います。

 

その中から良さげな参考書を複数選んでから、自分の目で確認して確信をもって買ってみてください。

ちなみに私がおすすめの参考書は↓。

 

英語長文の参考書
選び方④ 迷ったら安河内

これを知っていれば、

もう英語長文の参考書で迷うことはなくなります。

 

どの長文の参考書にするか決めきれないときは、とりあえず東進の英語講師「安河内」の参考書を選びましょう。

 

安河内の授業はあまり好きではないですが、

参考書の質は一級品

解説も詳しく、語彙集も丁寧。CDも音読がしやすい工夫が多く、音読用スクリプトまで付いています。

レイアウトにも癖がなく、誰でも使いやすいと思います。

 

 

まとめ

正直、④は大事じゃないです。

けどまあ、はじめ3つは大事です。参考書を選ぶときには大切なポイントとなる3つです。

ぜひその3つを基準に英語長文の参考書を選んでみてください。

 

 

 

-大学受験, 英語

執筆者:


  1. ソフテニ より:

    1.基礎100
    2.ポレポレ
    3.透視図
    に合う、この後にやったほうがいい長文問題集を「レベル別シリーズ」「ハイパートレーニングシリーズ」「やっておきたいシリーズ」のなかから教えてください。あと、やっておきたいとイチからシリーズってレベル同じですか?

    • dio より:

      ソフテニさんコメントありがとうございます。
       「やっておきたいとイチからシリーズってレベル同じですか?」から答えます。300,500は同レベルです。やておきの700、1000は文章が長いだけで設問レベルは500レベル。イチから700の方が設問は難しいです。
       1.レベル別3,4 ハイパー2 やておき300,(500)
       2.レベル別5,(6) ハイパー3 やておき700,1000 イチから700
       3.レベル別6
      文章の「読解能力&設問を解く力」と「英文解釈能力」は別物なので、2.3に関してはあまり区別はないです。レベル別6の和訳は若干癖があった気がしたので上のようにしましたが、私はポレポレまででレベル別6もやって平均得点率8〜9割だったので透視図をやらなくても読解問題は解けます。

  2. ああ より:

    新高1です。高1のうちは数学と英語に力を入れたほうがいいと皆さん言いますが、基礎の英単語が頭に入ってないと英語の勉強の質は上がらないと思うんです。そのうえ、自分の志望校の学部学科は数学の配点(共テと二次の総合点数)が英語より200点上です。よって、今は数学に時間を割いて、英語は大岩などの文法を少しずつ進めていって、単語帳をやっていきたいと思います。そして単語が結構頭に入り、数学の勉強のやり方に慣れてきた頃、英語の時間配分を多くし、解釈と長文に入っていきたいと思っています。時間比は、数学:文法:単語で、最初は6:1:3で、次に5:3:2ぐらいを想定してますが、どう思いますか?変な文になってたらすいません。

    • ああ より:

      「よって〜」のとこは英語は英単語帳をメインに、文法を少しずつ進めていくって意味です。
      時間比のとこの「次に」の後の比率は、
      数学:解釈や長文:単語帳 って意味です。

    • dio より:

      ああさんコメントありがとうございます。
       まったくもって正しい意見だと思います。私も同じ方針で勉強を進めました。
       ここからは完全な私個人の見解で理由もないので参考までに。知っておいて欲しいのは、結局どの教科も一定のレベルに辿り着くまでの努力量は経路を問わず(先にやろうと後回しにしようと)だいたい一定なわけで、英語も数学も好きなように勉強して先に完成したら放置すればいい、という考え方もあります。高1のうちからガチガチに決めて努力して途中で力尽きるのが一番怖いので、今はまだある程度自由に進めるのもアリだと思います。

      • dio より:

        もちろん、ああさんの意見は絶対的に正しいとも思ってます。ただ理論上の正しさと現実における正しさは必ずしも一致しない、自分が機械のように淡々と動けるわけではないということは頭の片隅にでも入れてほしいということです。おせっかいすいません。

        • ああ より:

          たしかにそうですね。客観的な意見が得れて良かったです。計画通りに勉強していこうと思っていても、なんらかの不都合や問題は発生すると思うので、その都度対処していこうと思います。貴重な意見ありがとうございました。3年後志望校に合格できるようにしっかりと勉強していこうと思います。

  3. より:

    お忙しい中、申し訳ありません。
    北大医学部を目指している現高1です。
    dioさんの勉強法、いつも参考にさせていただいています。
    ありがとうございます。
    英作文はどのように勉強なさっていますか?
    お時間がある際にご教示いただけたら嬉しいです。

    • dio より:

      雪さんコメントありがとうございます。
       英作文は基本勉強していません。長文を20〜30回音読していく中で英語表現を覚えているので、特に勉強しなくてもいつも結構取れます。駿台模試でも36/40だったので、このやり方おすすめですよ。

  4. より:

    東大理一に行きたいと思っています。高1です。単語帳はシステム英単語使ってます。これから、英語を東大レベルまで持っていくとして、おすすめの参考書のロードマップを教えてほしいです!(単語、文法、解釈、長文、リスニングは同時並行でしょうか??)

    • dio より:

      爺さんコメントありがとうございます。微妙に狙ってますかw?
      単語はシス単→鉄壁として、他はこのブログのカテゴリー→大学受験→英語から記事を探してください。リスニング以外は載せてあります。リスニングはリーディングの復習がてら音読していれば大丈夫なので、とりあえず記事を参考に考えてみてください。

      • より:

        あざます!
        狙ってませんwたまたまですw
        なんか、別のサイトでも聞いたんですけど、
        「英単語
        シス単→DUOor鉄壁(→準一パス単)
        速単→速単(→Academic)

        解釈
        基本はここだ!→英文解釈の技術100

        リスニング
        速単→キムタツ→鉄緑→過去問(→TOEFL)

        長文
        やっておきたいorハイパートレーニングor一日n分の英語長文→過去問

        また発展的な教材としては

        解釈
        英文解釈教室

        リスニング
        CNN ENGLISH EXPRESS・COUSERA・Ted

        長文
        TIME

        などが良いと思いますが、基本を固めるのが先ですので余裕があれば、くらいで考えてください。

        それから、過去問演習を100回やるのもオススメです。このような方法で○○○○予備校の英語担当は純ジャパながら入試で英語100点を獲得しました。」

        という返答をいただきました。
        このロードマップはどう思いますか?
        dio様のロードマップ紹介見てきたんすけど、鉄録会をおすすめしてましたよね、この返答のサイトはあまりおすすめせず、DUOを勧めてきました。あと、なんだか接続がdio様に比べて悪いような気もします。
        アドバイスお願いいたします。

        • dio より:

          その方の紹介している参考書は全般的に少し昔のセオリーな感じがしますし、例外的な人だと思います。
           単語に関して、私はシス単と鉄壁でいいと思いますし、速単はおすすめしません。速単は欲張りすぎて全部中途半端になります。私も買いましたが、あれを単語・長文・リスニングにうまく活用できる人は少数派でしょうから別個対策した方が効率的だと思います。
           解釈は、「基本はここだ」から「基礎100」だと少し弱い気がします。最終的に「ポレポレ」レベルは欲しいので、「基本はここだ」→「入門70or基礎100」→「ポレポレ」くらいがいいと思います。
           長文は「ハイトレ」は賛成、「やておき」は上位互換の「イチから」が出版されたのでそっちがオススメです。演習不足は東進の「レベル別」旺文社の「全レベル」で補えばオケ。
           リスニングは長文の音読(慣れたら1.5倍にしたり、シャドーイングしたり)で下地を作ってキムタツを2or3冊やれば十分かと。鉄緑はやらなくても大丈夫だと思います。私はキムタツbasicと音読のみで東大模試のリスニング満点です。
           発展教材として紹介されているのは、マイナーなものが多く私も知らないものばかりですので、なんとも言えません。英文解釈教室はありですが、残りは避けておくのが無難でしょう。

dio へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【大学受験 数学】スタディサプリ数学の詳細と使い方を徹底解剖!

『予備校は効率が悪い。だから、大学受験は独学で勝負する。でも、独学って失敗しそうだな。』   そう思っている人は多いと思います。独学って一人なので、不安要素は多いですよね。 じゃあ、逆に予備校のほうが …

物理で圧倒的な無双状態!『難問題とその系統』を紹介!

    理系なら、 数学と理科で稼がないと。   じゃあ一番稼ぎやすい教科ってなんだ? 物理です。   そこで今回は、 物理を極めるための最後の一手となる「難問題とその系統」という参考書を紹介しようと …

東進からの贈り物。成績優秀者がもらえるプレゼント紹介。

    最近の全国統一高校生テストで入賞したという話は↓で既にしました。 【成績報告】全国統一高校生テストで「英数国」全国9位。   それで東進の全国統一模試で成績優秀者に入ると、プレゼントをもらえる …

『基本はここだ!』ガチで点数がハネ上がる使い方を紹介!

    英語の点数をとにかく上げたい。 長文をスラスラ読めるようになりたい。   そんなときに絶大な効果を発揮するのが英文解釈。そして、英語の初心者の成績をグングン上げてくれるのが、 『基本はここだ! …

【化学 勉強法】独学で大学受験を無双する。最強のルート&参考書6選!

    久しぶりの投稿です。 しばらく自分の勉強にいそしんでいたこともあり、だいぶ記事ネタが増えてきたので徐々に復活しようと思います。   今回紹介したいのは、 「化学の勉強法&参考書ルート」   「 …