大学受験

文理選択に迷ったら?失敗しないための診断方法と最終手段!

投稿日:

 

 

高校生にもなると、人生を左右する決断。

「文理選択」

が出てきます。

 

でも、いきなり出てきといて、サッサと文系か理系か決断しろ、だなんて難しすぎますよね。

 

将来やりたいことだって決まってない人も多いのに。

そこで今回は文理選択に役立つ「診断方法」と、文理選択に迷ったときの最終手段を紹介します。

 

 

文理選択の失敗しない選択方法

文系か理系かを選択するときは、いくつか基準があるのでぜひもう一度考え直してみてください。

 

まず最優先は自分の気持ち。

ぜひ優先してほしい順番に紹介します。

①夢は文理のどっちか

文理選択は当然、将来のための選択。

 

だから自分がなりたい姿に近い方を選ぶのが、基本的な考え方です。

 

弁護士や検察官になりたい

法学部→文系

裁判官、図書館司書、公認会計士、社会保険労務士、税理士なんかも文系の職業に入ります。

 

医者や歯医者、獣医師になりたい

医学部、獣医学部など→理系

機械設計、エンジニア、航空整備士、アナリスト、研究職、アルゴリズム開発、建築士、インテリアデザイナー、プログラマーなど。

 

夢がこのくらいハッキリしていれば、何の問題もないですよね。普通の人は、将来の夢なんて漠然としてます。

でも、漠然としててもなんとなくは希望があるでしょう。

 

  • 「この職業はやろうとは思わない」
  • 「これなら少しは楽しそうな職業だなぁ」
  • 「給料がいい会社がいいなぁ」

とか。

 

そんなことを考えたり、今上げてきた職業の例を見てみれば、なんとなく文系か理系のどっち側に行きたいか、見えてきませんか。

 

②好きな科目は文理のどっちか

「文系職業はこれ、理系職業はこれ」と言われたところで、そもそもやりたい職業がないから仕方ない。

将来がガチ未定の人は、今やっている科目で選んでみましょう。

 

自分が一番好きな科目を選んでください。

得意な科目ではなくて、勉強していて感心することが多かったり、ワクワクする科目です。

文系科目

英語、現代文、古文漢文、日本史、世界史、地理など。

理系科目

数学、物理、化学、地学、生物など。

 

 

実際、文系を選べば高3では文系科目だけ(基本)を1年間勉強します。

しかも、大学の4年間も毎日文系科目にかかわる勉強をしなければいけないですし、卒業論文も文系関連でしょう。

 

理系ならその逆ですね。

 

だから約5年の間、勉強し続けないといけない仲間です。

嫌いな科目では相当な将来へのモチベがないと勉強が続きません。

将来について漠然としているのならば、好きな科目を選ぶのが吉。好きなら、何とか続きそうですし。

 

勉強を続けているうちに、そこから好きな職業も見つかるかもしれません。

先輩が進む会社や職業をみて、今まで知らなかった面白そうな職業が見つかるかもしれません。

 

好きな科目を使う職業なら、やりたい職業になる可能性も他のよりは高いと思います。

 

 

③得意科目は文理のどっちか

学校で勉強する科目なんて、全部嫌いだよ!

っていう人は、

自分の得意科目で選んでみてください。

 

定期テストでも模試でも、自分の中でエース級の科目は1つくらいあると思います。

総合点を引っ張り上げてくれるヤツです。

 

一般的に、得意なことをやっていて嫌な気持ちになる人はいませんよね。

得意だからある程度は優越感なり、自信なりが湧いてきて少しは楽しくできているはずです。

 

何も考えずに苦手分野に足をつっこんで、大学受験に失敗したり、大学で留年したり。

そんなふうに親に負担をかけたり、自分に不利になるような状況に追い込まれる必要はないわけです。

 

自分が得意なところで勝負してみて、順調に進んでいけば、自分に向いている職業も見つかるかもしれない。

誰かから声をかけてもらえるかもしれない。

 

その「かも」の確率は、どの分野に進んでも同じでしょう。しかし、「かも」までの人生を有益に過ごせるのは得意な方だと思います。

 

④決まらなかった人

これだけ説明してきて、あれですが

決まらなかった人は多いと思います。

 

私もそうです。

自分が「ある職業はやりたいと思わない」「この職業ならやってもいいと思う」という感情を持っている。

そこまでは分かっている。

だけど、

どの職業が本当に好きなのか決められない。

 

どっちかというと消去法で選ぼうとしているから、躊躇しているのかもしれません。

「これは嫌だから、こっちにしよう…かな?」みたいな感じです。

 

できることならポジティブな理由が欲しい。

 

文理選択のための診断テスト

インターネットでは無料で受けられる文理診断テストが結構あります。

そのような診断テストを受けてみて、自分の長所と短所、文理の向き不向きを客観的に見てもらえばヒントになります。

 

てことで、いくつか紹介します。

①マイナビ学生の窓口

リンクは↓です。

https://gakumado.mynavi.jp/gmd/diagnoses/50800

 

全部で10問の2択ずつなんで、1分で終わります。手軽な分、説明は若干少ないですが面白い。

 

私もやってみました。

結局、結論出てねーじゃねえかよ!

 

 

まあ、こういうこともありますよねw

みなさんの結果はどうなったでしょうか。

 

②エイビ適正診断テスト

リンクは↓です。

https://www.eibi-navi.com/tekisei/

 

一つ前の文理適正診断テストではね、さんざんな結果なわけです。今度こそ、まともな結果待ってるぞ。

と挑戦。

 

自分の性格的に向いている分野と、自分の能力的に向いている分野の2つを教えてくれるんですね。

なかなか便利だなぁ。

謎に「生活」の能力値がエグイ高いw

そして、「芸術」の性格的適正がめちゃめちゃ高い。

 

いや~。別にどっちも興味ないわ~。

なんか「知性」と「情緒不安定性」がへこんでるんですけど~。

まあ前に精神年齢テストやったら6歳だったし、仕方ないか。

 

文理選択に迷ったときの最終手段

文理選択に本当に迷って決めきれない

もう締め切り期限が明日にせまっている。

 

だけど、全然決めきれない。かなり考えたけど、最後まで文系と理系を選べなかった。

 

そういうふうに文理選択にメチャメチャ迷ったら、

文系にしとけ

 

 

一般的には「とりあえず理系」にしておけば、あとから文転も理転より簡単だからおすすめだよ。

と言われます。

 

しかし、私はそんな中途半端な気持ちで大学受験がうまくいくとは到底思えないわけですよ。

やるなら絞った方がいい。

 

文転したって、社会系科目をイチから覚えるのメッチャ大変です。

 

だから、変えられるから理系、は止めた方がいいです。

 

そんで、なぜ文系をすすめるかというと、

楽しい簡単だから

 

人生の夏休みともいわれる大学生活です。特に目標がないのなら、楽しんだ方が得に決まってます。

大学受験でも文系なら、理系より受験科目が少なかったり、数学がなくなったりします。

数学が苦手な人にとっては朗報ですよね。

 

文系の方が全体的に勉強量が少ないことが多く、余裕が生まれやすいので楽し生活を送れます。

 

だから究極に困ったときは、文系にしておくほうが良いことが多いと思います。

 

まとめ

文理選択って難しいですよね。

 

私も「数学」と「物理」と「化学」が得意で好きなんですが、将来的には文系の職業に就きたいと思ってます。

だから、

文系を選択しました。

 

でも中には決めきれない人もいると思います。

そんな人の手助けになったら幸いです。

 

  

 

-大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【単語帳 本当の使い方】単語の覚え方?単語が自然と頭に入ってくる!

  単語が覚えられない。   単語が多すぎる。覚えても、すぐに忘れてしまう。 単語帳を効率的におぼえられる使い方、覚え方はないのか!?   はい。 あります。 効率的な覚え方なら「楽に」、「速く」、た …

数学的帰納法 不等式もこれで余裕!両辺の差を取る理由も解説!

今回は数学的帰納法の不等式編について説明していこうと思います。 数学的帰納法の不等式編はもちろん等式編よりレベルが上がります。(本当にちょっとだけですが) なので、等式の数学的帰納法が出来ない人は不等 …

勉強のモチベーションが上がらない!?究極のやる気の上げ方5選!

  勉強のモチベーションを保つのって大変ですよね。   普通に部活のモチベーションなんかを保つだけでも難しいときもあるのに、まして嫌な勉強のモチベーションを保つなんて…   やらなきゃいけ …

数学 青チャートは使い方を間違うと爆死!例題だけは当然の世界!

みんな持ってる青チャート。 みんな大好き青チャート。 誰かのバイブル青チャート。   いつか、近所の小学生が歌いだしそうなくらいですよね(笑)。 それくらい有名な青チャートですが、多くの人は非効率な使 …

計算力を大改造!「合格る計算」の使い方!

    数学の模試で、 解き方は分かったのに、計算ミスで×だった。 大問がマルマル残っているのに、時間が足りなくて試験終了。   計算ミスも時間不足も 計算力がないせいだ   やっぱり計算力を上げるた …