大学受験 数学

計算力を大改造!「合格る計算」の使い方!

投稿日:2020年3月28日 更新日:

 

 

数学の模試で、

解き方は分かったのに、
計算ミスで×だった。

大問がマルマル残っているのに、
時間が足りなくて試験終了。

 

計算ミスも時間不足も

計算力がないせい

 

やっぱり計算力を上げるためには、
コツコツ計算練習するしかないのか…

と思っている人いるでしょう。

 

ハッキリ言います。

計算力を上げるのに、
コツコツ計算練習をする必要はない

大事なのは、

計算テクニックを知ることです。

 

「合格る計算」の概要

「合格る計算」の表紙もなかなかカッコいい。

やっぱり、

「白色+淡色」が好きですわ。

「合格る計算」の対象者

「合格る計算」の対象者は、

  • 計算力が乏しい自覚がある人
  • 模試でいつも時間が足りない
  • 数学が苦手な高1、高2

です。

まず「自分は計算力が乏しい」と自覚している人は迷わず買ってください。かなり改善されます。

そして、

「数学が苦手な高1、高2」にもおすすめ

高校数学の前半で苦手だと感じているようでは、高3で習う数学Ⅲなどではボコボコにされます。

先回りして、

計算力を付けておけば相当ラクになります。

共通テストもセンター試験より分量が増えましたし、計算力は将来的に点数の分かれ目になります。

 

ちなみに数学が得意な人には何のメリットもない参考書です。既知のテクニックばかり紹介されるでしょう。

やってみて、新出事項が少なければ途中でやめて大丈夫です。

 

「合格る計算」のレベル

問題レベル:教科書の例題レベル

前提レベル:教科書は理解済み

 

「合格る計算」に載っている問題は教科書の例題レベルの問題ばかりです。(たまに難しいけど)

基本的には、特別な発想がいる問題や特殊な解き方を知らないと解けない問題は出てきません。

だから、

教科書の理解が済んでいれば使用できます

 

ですが、

「合格る計算」の使用目的は

「解法を習得する」

のではなく、

計算テクを習得する

ことです。

「合格る計算」をやったからといって、より多くの問題が解けるようになるわけではないです。

より正確に、より高速で、

今までに勉強した問題を解けるようになります。

 

「合格る計算」の内容

「合格る計算」の内容は

「例題」に対して複数の「類題」が付随する、ごく一般的な形式で進んでいきます。

例題類題合計
合格る計算ⅠAⅡB89題200題以上
合格る計算Ⅲ58題80題138題

 

「合格る計算」の特徴

①計算のテクニック凝縮

「合格る計算」の凄いところは、

効率的な計算方法を学べる

 

つまり数学が得意な人が自然とやっている計算方法自分も使えるようになるわけです。

今までのトロトロの計算速度とはわけが違います

例えば、

↓の画像の7行目から読んでみてください。

合格る計算1A2B はじめに

これは参考書の最初についている「はじめに」という導入の部分ですね。読まない人も多いと思いますが、

Σ計算をこんなふうに計算していた人いますか

 

きっと計算力に困っている人は思いつきもしませんでしたよね。私も思いつきませんでしたw

計算量は30%くらいになったと思います。

普通なら

  • 2回のΣ計算
  • nを含む通分

3回も計算ミスポイントが潜んでいました。

本来の計算量が単なる「掛け算」1回分になったわけです。

 

計算力がないなら、計算量を減らせばいい。

計算ショートカット術を習得して、計算量を大幅に減らせば、計算ミスも減るし、時間も余裕で足ります。

計算テクを身に付ける。

そうすれば、

今までの3倍は計算が速く正確になります。

 

その計算テクが凝縮されているのが「合格る計算」というわけです。

 

②不適切な計算法との比較

「合格る計算」の凄いところは、

「最善の計算法」と「悪い計算法」を比較し、その計算量の差を明確に示してくれるところです。

先ほどの「はじめに」でも紹介してあったように、

 

計算量の差が一目でわかる

だから、

印象に残る。頭に残る

 

だって同じ1000円の時給なら楽なバイトをしたいでしょ。

同じ答えが出てくるのに、仕事量が明らかに違かったら誰でもラクな道を選ぶでしょう。

だから、

「別に計算過程なんてどうでもいいや~」

とは思えなくなります。

 

計算力がない人には、「計算過程を大切にする」という初歩的な1歩が大事なのです。

 

「合格る計算」の使い方

使い方は1つだけ。

「最善の計算法」で5周

大事なのは「最善の計算法」を使って問題を解く練習を繰り返すことです。

我流の解き方で何周しても意味がありません。

 

「解ける」ではなく「最短で解ける」を目指すのです。

そのためにも「解答の解き方」を使って問題を解き、体に染み込ませていく。

具体的には、

1周目・解答を見てから解く
2周目
~5周目
・「最善の計算法」で解く
・忘れたら解答をチラ見
6周目・タイムトライアル

※6周目はやらなくてもいいです

 

答えを見ることを躊躇しない。

「こんな簡単な問題で答えを見るなんて」というプライドもあると思います。

でも何度もいうように、

「解ける」ではなく
「最短で解ける」を目指す。

 

模範解答と同じ順序で解けるようになりましょう。

 

 

「合格る計算」の接続

「合格る計算」の前の参考書

  • 学校や塾の授業
  • スタディサプリ
  • ひとつひとつ分かりやすく

など超基本的な内容が終われば使えます。

「合格る計算」の次の参考書

  • 基礎問題精講
  • 一対一対応
  • 標準問題精講
  • チョイス

レベル的にはチョイスがおすすめ。

数学に自信が出てきたら「一対一対応」か「標準問題精講」がおすすめです。まだまだ不安なら「基礎問題精講」へ。

 

まとめ

計算力は軽視されますが、

「数学ができる人」と「数学ができない人」の間で決定的にレベル差があるのも確かです。

計算力を鍛える。

今はまだ大事さが大して分からないでしょう。

しかし、

入試が終わって気づきます。

計算ミスしなければ合格したかもしれない、と。

 

 

 

-大学受験, 数学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【不思議】なぜ1=0.9999…が正しい?誰でもわかる証明5選

  今回は「学生の不思議」シリーズの第2弾で、「なぜ1=0.9999…が正しいのか」という記事になります。 イェーイ 空前絶後の超絶孤高の「学生の不思議」!   ということでね。今はもうTV出演の少な …

no image

4技能を伸ばす『キクタン リーディング』のレベルを紹介!

    今回は、 最近の勢いがすごい「英語の超人になる!アルク学参シリーズ」の参考書の1つである、 『キクタン リーディング』 を紹介したいと思います。   通常の『キクタン』シリーズとは少し違うので …

英単語編 英語長文が全く読めない人はこれを使え!システム英単語Basic!

今回の記事は大学受験で英語長文が全く読めないという人を対象としています。 このシリーズは「英単語編」「英文法編」「英文解釈編」の3つがあって、今回は「英単語編」ということになります。 英語長文を全く読 …

【成績報告】数学の偏差値80超えたんで報告します。

  今回はハッキリ言って、皆さまの何の役にも立たない情報を提供します。   それは、 私の自慢ですw 目次1 数学の偏差値が80を超えた件1.1 単純に自慢しますw1.2 <追記>2 感想3 まとめ …

【世界が変わる】10時間勉強をやり遂げる「4つの極意」!

    高3になると全員10時間勉強するのか? 今の自分に10時間なんて到底不可能だよ… 10時間って一日の半分だぞ!!     とか思っている人多いでしょうね。 私もつい1ヶ月前までは1 …