大学受験 数学

まさに神級の難しさ!「上級問題精講」のレベルと使い方!

投稿日:

 

 

上級問題精講の基本事項

上級問題精講もカッコいいですねぇ。

どうして新参者はみんなオシャレなのか。

 

上級問題精講の対象者

上級問題精講の対象者は、

  • 超難関の数学で高得点を目指す
  • 他教科は最低限完成した

という人におすすめ。

超難関というと、東大や京大、難関医学部、東工大、一橋など。偏差値表でも一番上にある大学たちです。

そんな難関大学の数学で高得点を目指す人。

合格者平均点では満足できない人のための参考書です。

 

そのため、

コスパは悪いです。

「90点を100点にする」ような努力をするので、「70点を80点にする」勉強より非効率。

他教科が最低限完成してから使うことを強くおすすめします。

 

上級問題精講のレベル

前提レベル:東大5割
到達レベル:東大8割

※東大を例にとっただけです。

 

問題レベルは入試本番で出題されれば、「取れる必要はないが、取れるとアドバンテージになる」ような問題ばかりです。

そのため、

前提として、東大数学で5割、つまり合格最低限ラインを取れる実力がある人が使うべきです。

「青チャート」や「一対一対応の演習」などを習得したばかりでは、使いこなすのに不安が残ります。

上級問題精講の使用は、入試本番レベルにも太刀打ちできるようになってから。

 

到達レベルとして、

上級問題精講の問題を初見で解けるレベルになれば、東大数学でも8割は取れるでしょう。

まあ、

初見で解けるレベルになるのは相当キツイと思いますけど。

 

 

上級問題精講の内容

上級問題精講は「ⅠA・ⅡB版」と「Ⅲ版」の2冊構成になっています。

問題数はそれぞれ、

問題類題合計
上級問題精講ⅠA・ⅡB116題31題147題
上級問題精講Ⅲ113題25題138題

となっています。

「上級問題精講ⅠA・ⅡB」の方は改訂版になって、「整数」の分野が厚くなりましたね。

「上級問題精講Ⅲ」は新課程のはずの「複素数平面」にもしっかり対応しているので安心です。

 

基本的には「問題」に対して「解説」「精講」があり、場合によっては「研究」「参考」「類題」があるという流れ。

標準問題精講に似ていますね。

「精講」では姉妹本と同じく、問題を解くための考え方や方針の立て方が書いてあります。

アプローチの仕方を学べるので、一番大事にしてほしいところ。

「参考」や「研究」は難しいので、ザっと目を通す程度でいいでしょう。

 

 

上級問題精講の特徴

①超ハイレベル問題が集結

上級問題精講の特徴の1つとして、

そのハイレベルさ。

 

受験数学の中でも数少ない「プラチカ」や「やさしい理系数学」よりも難しい参考書になります。

「上級問題精講」と対等以上のレベルは「ハイレベル理系数学」や「新数学演習」くらいしか残っていません。

文系の参考書の中では1番難しいです。

 

出典も、東大・京大・東工大・医学部と名だたる大学ばかり。当然、その年の過去問でも難しい問題です。

数学が超ハイレベルな人にとっては、非常に貴重な参考書。めったにない超ハイレベル参考書なわけです。

 

②解説がバカ丁寧

上級問題精講のもう1つの特徴は

解説のわかりやすさ

 

基本的に、

「上級問題精講」レベルの参考書になると、別解は豊富だが、解説はあまり丁寧でないことが多いです。

解説には

「これで頑張って理解してみ」

という思いが含まれています。

 

でも上級問題精講はかなり噛み砕いて説明してくれるので、しっかり理解できるわけです。

しかも、

「精講」では方針の立て方や考え方を学ぶことができるので、問題の解説を理解するだけ、

ではなく、

自分の武器として使える次元の理解に近づけます。

 

 

上級問題精講の使い方

「上級問題精講」までたどり着いている人は、みな自己流の「参考書の使い方」を持っていると思うので、

紹介しません。

一応、

注意してほしいことを伝えます。

1問に最低20分は悩む
・解説の理解で妥協しない
・正答率を管理する

 

もう解法暗記の次元は通り過ぎたので、わからなくても1問につき20分は試行錯誤しましょう。

考えている間が成長です。

また解説は徹底的に理解しましょう。心の底から納得できるまで考えるのを諦めてはいけません。

しっかり吸収してください。

最後に、

正答率は管理した方がいいです。

モチベーションにもつながりますし、約150問を通して自分の実力を客観的に測るのは貴重な機会です。

過去問の自分の点数配分の参考にでもしてください。

 

上級問題精講の接続

上級問題精講の前の参考書

上級問題精講の前には、

  • 文系の良問プラチカ
  • やさしい理系数学
  • 新数学スタンダード演習
  • フォーカスゴールド

などを終わらせておいてください。

フォーカスゴールドも「実践編」まで終わらせていれば、上級問題精講に進むことも可能です。

ですが、

基本は上の3冊のうちどれかを終わらせましょう。

上級問題精講の次の参考書

  • 過去問
  • 新数学演習
  • 大学への数学

上級問題精講のあとは過去問でいいと思います。

もしこれ以上の高見を目指すならば、下の2冊を手に取るのも1つの手です。しかし、もう一度他教科も考えてください。

本当に数学でそんな点数を取る必要があるのだろうか。

受験は総合点勝負です。

まとめ

上級問題精講は非常にレベルの高い参考書です。

ほとんどの受験生に必要ないですが、

必要としているレベルの受験生には、超おすすめ。解説も優秀で問題数もそこそこ多い。

ぜひ使ってみてください。

 

 

 

-大学受験, 数学

執筆者:


  1. […] まさに神級の難しさ!「上級問題精講」のレベルと使い方! 東大でも無双する『新数学演習』の難易度&使い方! […]

  2. […] まさに神級の難しさ!「上級問題精講」のレベルと使い方! 東大でも無双する『新数学演習』の難易度&使い方! […]

  3. […] まさに神級の難しさ!「上級問題精講」のレベルと使い方! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【英語 長文】読解から復習まで超やりやすい「英語長文ポラリス」!

  山ほど英語の長文の参考書があるのがでも、私が自信をもって紹介できる参考書の1つが 英語長文ポラリス   今回はこの英語長文ポラリスのレベルや特徴、必ず成績の伸びる使い方などを紹介しようと思います。 …

最高のジャンプ・ヤンジャンのバトル系漫画5選!受験の息抜きに。

  最近は本当に漫画にはまりすぎてヤバいですね。 この8月だけで5作品くらい読みましたね。留学とか部活とか結構あって暇じゃなかったんですけど、頑張って時間作り出しましたよw 私は特にバトル系の漫画が大 …

【英語 単語帳編】志望校別!俺のおすすめ英単語帳ルートを紹介!

  仮に塾に行っていても、自分で勉強しなければ成績は上がらない。それが大学受験ですよね。 その中でも英語はトップクラスに、自分でやった量が成績に影響する科目です。   その分、参考書も多い。 そんなわ …

成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい

  今回はノートとルーズリーフのメリット、デメリットを紹介しようと思います。 その前にルーズリーフと言えば、 中学校や高校で同級生がバインダーに挟んでルーズリーフで板書している人がいると憧れますよね。 …

【みんな間違ってる】速読英単語 必修編のレベルと真の使い方!

  速読英単語というと入門編・必修編・上級編がありますが、実際みなさんが使う可能性が一番高いのは「必修編」でしょう。 ということで、 今回は「速読英単語 必修編」特集です。   特に、「使い方」に関し …