趣味の勉強

数学のコンテストと言えばこれ!有名な数学のコンテスト7選!

投稿日:

好きな人にとっては、こんなに楽しいものはないというくらい面白い数学。

そんな数学にもコンテスト・大会は存在します。

しかし、多くの数学のコンテスト・大会は知名度がまだまだ低い。そのため、知人の紹介などでないと情報を手に入れにくいです。

私も中学受験で中高一貫に進んでから、多くの数学のコンテスト・大会を知りました。

今回はそんな数学のコンテスト・大会の中でも特に有名・名誉なものを5つ選び、紹介していこうと思います。

 

①数学オリンピック

こちらは数学のコンテスト・大会の中では、もっとも知名度が高いと思われます。

実は、多くの種類があります。

そして年齢で分けられてはいますが、メダリスト級になると対象年齢はガン無視ですw。また、出身校も全国の進学校の人ばかりです。

 

<種類>

  • キッズBEE(小学1~3年生)
  • ジュニア算数オリンピック(~小学5年生)
  • 算数オリンピック(~小学6年生)
  • ジュニア数学オリンピック(~中学3年生)
  • 数学オリンピック(~高校3年生)

※数学オリンピックは「受験時点で大学教育(またはそれに相当する教育)を受けていない20歳未満の者」であれば、受験可能。

 

数学オリンピック(ジュニア)は予選と本選で構成されます。また、数学オリンピックは毎年「成人の日」に開催されます。

予選で成績優秀だと本選に。本選でも優秀だと「メダル」or「トロフィー」or「表彰状」が受け取れます。(順位による)

 

また、数学オリンピック上位20人とジュニアの上位5人の優秀者は、春の代表選考合宿に呼ばれます。

そこでも、成績が優秀であると(上位6名)国際数学オリンピックの代表選手になれます。

 

数学オリンピックを受けようと思った人へ。

 

数学オリンピックの勉強法や対策については、記事を出しているので参考にしてみてください。

 

②広中杯

こちらは対象者が中学生までです。

中学1、2年生を対象とした「ジュニア広中杯」と中学3年生までを対象とした「広中杯」があります。

広中杯は6月の予選「トライアル地区大会」と7月の決勝「ファイナル大会」の2つで構成されます。

 

<予備知識>

広中杯は算数オリンピック委員会が主催です。

そして、この算数オリンピック委員会の会長が「広中平祐」なのです。この人の名前に由来して、この数学コンテストは作られました。

この「広中平祐」は日本人として2人目のフィールズ賞の受賞者です。

しかも、ハーバード大学名誉教授、京都大学名誉教授、京都大学数理解析研究所元所長などなど。

簡単に言うと、広中杯はヤバイくらい頭のいい人に由来しているわけです。

 

③数学甲子園

対象は中学生と高校生です。

こちらは数学のコンテストですが、他とは一味違います。なんと、珍しいチーム戦の数学コンテストです。

しかも、問題を解くだけではなく、創作する問題も出ます。

↓の記事に詳細は紹介しているので、ぜひ読んでください。

 

④mathコン

いわゆる算数・数学の自由研究のことです。1人で提出することも、グループで提出することもできます。

対象は小学生・中学生・高校生のすべてです。

テーマは自由です。

日常生活や社会で感じた疑問を算数・数学の力を活用して解決する,あるいは,算数・数学の学びを発展させて新たな数理的課題を探究する中で,気づいたことやわかったこと,自らの解決の方法などをレポートにまとめてください。

Rimse

とのこと。

自分が思うことを数学に結びつけて、レポートにしてください。

こちらも詳しくは↓の記事を参考にしてください。

 

⑤大学主催のコンテスト

私が知っているものでは

  • 名古屋大学 日本数学コンクール
  • 近畿大学 数学コンテスト
  • 京都大阪数学コンテスト※
  • 武蔵野大学 数理工学コンテスト
  • etc

※は住んでいる地域の限定があります。

確か、私の同級生は近畿大学の数学コンテストで入賞した?メダルをもらった?みたいなこと言ってました。

 

いずれも、中学・高校生は対象内です。

学園祭のなかでの開催のコンテストや時間無制限のものなど、いずれも各大学が主催なので個性が強いコンテストが多いです。

自分の家の近くの大学がコンテストを開催していないか、確認してみると良いかもしれません。

 

⑥超難問コロシアム

こちらは数学限定ではないですが、有名なコンテストです。

優れた高校生の知的好奇心を刺激し、さらにその能力を伸ばす機会を提供しようと、Z会が2013年に初めて主催したコンテストです。

同じ高校1、2年生の中から3人1組でチームを構成して、参加します。

英語・数学・国語・理科・地歴の5教科からランダムに出題される問題に解答し、順位を決めます。

 

今回これを数学のコンテストとして紹介したのは、チーム戦だからです。

3人の教科担当を決めることを出来るからです。あなたが数学が得意なら、あなたが数学担当としてチームに入れますよね。

チーム戦だからこそ、自分にとっては数学のコンテストとしても活用できます。

ぜひ、検討してみてください。

 

⑦学力コンテスト

これを数学のコンテストとして呼んでいいのか微妙ですが、一応紹介します。

東京出版の「中学への算数」・「高校への数学」・「大学への数学」の巻末についている学力コンテストです。

問題のレベルは他のコンテストとは違い、受験難関レベルです。(上記のコンテストはレベルが謎ですw)

ただ、

  • 毎月開催されていること
  • 応募する値段が安いこと
  • しっかり冊子内で表彰されること

があるので、数学のコンテストとしては使いやすいものだと思い紹介しました。

 

まとめ

はい。

数学のコンテストとして、有名なものを7つ紹介しました。

「いいな」と思ったものがあれば、ぜひ参加してみてください。

 

今回紹介した数学のコンテストは私の知識内で、有名なものを選び紹介しました。

そのため、「もっと良い数学のコンテストがあるよ」という方は、ぜひコメント欄にて教えていただきたいです。

 

では、算数・数学を楽しんでください。

 

 

 

-趣味の勉強

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

数学オリンピック対策 予選突破のための参考書と勉強法!ジュニアも!

※以下で使う数学オリンピックはジュニアも含めます。 ※JMOは数学オリンピック,JJMOはジュニア数学オリンピックです。 数学オリンピック対策をしたい!と思っても参考書が見つからなかったり、どれがいい …

数学のコンテストなら「数学甲子園」!今話題の数学なのにチーム戦!?

今回はついに、「数学甲子園」についての記事を書くことができます。 パチパチパチパチ 今まで、数学甲子園の記事を出さなかったことに特に意味はありませんがねwただ忘れていただけです。 では、数学甲子園の概 …

【英語】留学、英会話教室よりオンライン英会話!コスパ最強&自由!

  英語が上達しない。 大学受験の勉強なんかじゃ、英語はまったく話せるようにならない。   もう完全に証明されてしまった悲報です。 実用性のない英語なんて勉強したところで、時間の無駄。sinやcosよ …

数字の謎の分類。素数・自然数・整数・有理数・無理数とは何なのか?

  数学になると、謎の数字の分類がありますよね。   素数、自然数、整数、有理数、無理数、…   いや、いきなり出てきといて謎すぎ! もうちょっと真面目に説明してから使ってくれよ。なんで急に謎い分類で …