大学受験 英語

英文解釈史上最高のでき!「英語の構文150」の真の使い方を紹介!

投稿日:

 

今回は学校で配られた「英語の構文150」という参考書について紹介します。

 

実は私は、「英語の構文150」が配られたとき、入門英文解釈の技術70を完璧にしていました。

 

そのため配られたとき

 

「どうせ雑魚参考書だろ。俺はトップクラスの評価を持つ英文解釈の技術シリーズで受験を乗り切るんだ!次は基礎100と決めているんだ!」

 

と思っていましたが、宿題としてやってみると、

 

「この参考書分かりやすくないか。あれ?相当なクオリティだな。基礎100はやめて、英語の構文150にしよう!」

 

と忠誠を誓った英文解釈の技術シリーズをあっさり裏切り、英語の構文150に乗り換えました。

 

はっきり言います。

こんな良い参考書はない

そこで、今回は知名度は低いですが、良書の「英語の構文150」について熱く語っていこうと思います。

 

英語の構文150の対象者

英語の構文150はどんな人に向いているのか。

ずばり

英語は若干のFeeling型人間

です。つまり、

「難関大志望の高2」「基礎からやり直したい高3」におすすめ。

 

英文法や構文の知識は超基礎なら固まっていて、長文の中には読める文と読めない文が混在している状況。

結局、よくわからない文が多くて、正確に長文の意味を取ることはできず、最終的にFeelingみたいな人です。

 

英語の構文150の前提レベル

五つ星 五ツ星 5つ星 5つ星 五ッ星 満点 評価 評判 格付け ランク ランキング 最上位 レストラン 飲食店 レビュー スター 五人組 チーム グループ いつつぼし イツツボシ 5.0 5.0 背景素材 壁紙 ビジネス 最高点 ホテル レベル 商品

単語レベル:「システム英単語Basic」、「キクタン Entry2000」

解釈のレベル:「基本はここだ!」

※解釈レベルは入門70まであると楽

 

単語レベルは「速読英単語 入門編」では足りないです。

あとで詳しい解説はしますが、基本例文の単語レベルは低いです。しかし、exerciseの単語レベルはそれなりです。

センター(4000語)弱の単語力は欲しいです。

 

また、解釈レベルとしては「基本はここだ!」が習得できていれば、使用できます。

入門70が完璧になっていると、半分は復習になるので勉強しやすいとも思います。

 

英語の構文150の到達レベル

ステップアップ stepup StepUp STEPUP Stepup 進歩 向上 前進 一歩前へ レベルアップ スキルアップ 上昇 成長 進展 飛躍 右肩上がり 技術 ステージ 段階 発展 ランクアップ 増大 ウェブ 上がる 昇る 背景 素材 壁紙 ビジネス web

~MARCH・中堅国公立 以上

です。

英語構文150はセンター~MARCHレベルの英文が中心ですが、中には難しい英文も含まれます。

しっかり勉強すれば、MARCH上位学部も余裕。早慶には手が届かないくらいにはなります。

 

偏差値70を超える人も出てくると思います。

英語の構文150だけでも相当な英文が読めるようになりますが、英文解釈の参考書をもう1冊やれば大学受験レベルは無双できます。

 

英語の構文150の内容

ページ数:223ページ(99Lesson)

CD:アリ

基本例文:150本

<練習問題>

和訳:495題

英訳:297題

解釈問題:198題

 

全部やろうと思うと量は結構多いです。

本書は見開き1ページで1Lesson完結タイプ。左ページで「例文+解説」、右ページで「和訳」「英訳」「解釈問題」です。

1Lesson(1or2例文)に対して、5つの和訳と3つの英訳と2つの解釈問題があります。

 

解釈問題は約100wordsの文章とそれに対する設問で構成されるものです。一般的な長文の問題を短くした感じです。

 

「和訳」・「英訳」は例文の類題に過ぎないので、最低限「例文+解説」だけ完璧にすれば問題ないです。

 

英語の構文150の次

  • 英文解釈の技術100(無印)
  • 解体英語構文

などです。

次の参考書に関して言えば、「英語の構文150」は「基礎英文解釈の技術100」と考えてもらえれば、OKです。

無印100に進むのが、王道かと思います。

 

英語の構文150の使い方

①基本例文を理解&暗記

練習問題(exercise)は量が多く、基本例文の類題なのであとで勉強します。

まずは「基本例文」を完璧に。

 

1周目

参考書本体を使います。

  1. 1Lessonの基本例文を解説を読み理解する
  2. 意味を考えながら、音読5回
  3. 「1」「2」を5Lesson分やる
  4. 5Lesson分まとめて音読5回ずつ

 

「読む」「理解する」「音読する」だけなので、時間は全然かからないと思います。

そのかわり、基本例文の構造は完璧に理解してください。日本語に訳す必要はないですが、意味は分かるようにしてください。

その状態で全部で10回音読。

 

次の日は前日の基本例文を5回ずつ音読してから、始めましょう。

 

全部で99Lessonあるので、5Lesson/日で勉強すれば20日で1周できます。

分かりにくかった構文は「×」を、解説の中で初めて知った知識は「色」を付けておくと、あとで便利です。

 

2周目

参考書本体を使います。

  1. 10Lesson分の基本例文を音読5回ずつ
  2. 「×」は再度音読5回
  3. 前日の文も音読5回ずつ

 

ついでに、解説の中で「色」を付けた知識は読んでおいてください。

 

全例文に対して、ほぼ無意識に理解できるように音読してください。

「×」がついた例文は理解しにくい英文。つまり、無意識な理解からは遠い文章です。

何度も音読することで理解していきましょう。

 

英語は体育と同じです。理解したら、練習しないと上手くなりません。結局のところ、英語は体で覚えるものです。

3周目

今度は暗記します。

これまでに各英文を20回ずつ音読してきているので、なんとなく暗記していると思います。

これからは、英作文にも使えるように完璧な暗記を目指します。

 

付属の暗唱基本例文集を使います。

  1. 基本例文を日本語→英語にする
  2. 日本語を見た瞬間に英訳できるレベルを目指す

とりあえず、全部「日本語→英語」を瞬時にできるまで勉強してください。もう全部理解していると思うので、効率重視でいいです。

 

②練習問題(exercise)でアウトプット

①で覚えた基本例文たちをアウトプットしていきます。

和訳と英訳は確認程度に解きましょう。間違えたら、定期的に解き直して正解すればいいです。

大事なのは「解釈問題」です。

より実践に近い形で基本例文を問われるので、ココを中心で勉強していきましょう。

 

  • 時間を計る
  • 全訳を作ってみる
  • etc

工夫をして、しっかり復習もしましょう。基本例文ほどガチになる必要はないですが、最低5回は音読しておくとよいでしょう。

 

まとめ

知名度は低いものの、相当な良書であることは間違いないです。

英文解釈の参考書でありながら、

  • 英作文の例文暗記集にも使える
  • 長文で試せる
  • 類題が豊富

こんな参考書は他に見当たらないです。この参考書一冊で、英語の総合力がしっかり上がる。

もちろんCD付きで、リスニングもです。

 

ぜひとも、英語の構文150で偏差値を爆発させてください。

 

 

 

 

-大学受験, 英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【英語】必ず効果のでる音読法とは!?「効果がない」=やり方が悪い

  最近、英語は注目されていますよね。 大学受験が変わるとか、4技能化とか騒がれています。(なぜ他教科は騒がれないのかはなぞw)   そしてたびたび言われるのが、英語は「音読」すれば完璧である、という …

中高一貫校はずるい?中高一貫には実はある狙いがあった?!

最近、中高一貫について調べていたら、↓のような話を見つけました。 中高一貫教育がずるいと思ってしまいます。私は底辺公立中学から学区一番の公立→家から通える旧帝大で頑張ってきました。 当時中学受験をして …

数字の謎の分類。素数・自然数・整数・有理数・無理数とは何なのか?

  数学になると、謎の数字の分類がありますよね。   素数、自然数、整数、有理数、無理数、…   いや、いきなり出てきといて謎すぎ! もうちょっと真面目に説明してから使ってくれよ。なんで急に謎い分類で …

英単語編 英語長文が全く読めない人はこれを使え!システム英単語Basic!

今回の記事は大学受験で英語長文が全く読めないという人を対象としています。 このシリーズは「英単語編」「英文法編」「英文解釈編」の3つがあって、今回は「英単語編」ということになります。 英語長文を全く読 …

「英語長文ハイパートレーニング」より良書な長文問題集はない説。

  今回は英語長文ハイパートレーニングです。 キムタツの速読特訓ゼミ→全レベル→レベル別→ポラリスと使ってきたわけですが、今までの中で一番の長文問題集。 普段から書店で見て、よさそうな問題集を選んで使 …