国語 大学受験

現代文の単語はもう安心!『読解を深める現代文単語』を紹介!

投稿日:

 

 

今回は初めての、

現代文の単語帳を紹介します。

 

なんだかんだ現代文って、
一番後回しになると思います。

だからこそ、

より良い参考書を使うべき

 

ということで、

今回は『読解を深める現代文 国語』を紹介します。

 

 

『読解を深める現代文 国語』の概要

深い緑が大人の色気。

最近はカッコイイ参考書が多いですね。

 

 

『読解を深める現代文 国語』の対象者

対象者は、

  • 評論文が何語か分からない
  • 現代文の点数がいつも低い

 

学年は問いません。

高1高2でも、受験生でも現代文の点数を上げたい方は誰でも対象者になります。

特に、

話の意味がチンプンカンプンの人。
傍線部の言葉の意味が分からない人。

にオススメです。

 

 

『読解を深める現代文 国語』のレベル

到達レベルは、

すべての大学に対応可能

 

元々大学受験には超難単語が出ないこともあり、この単語帳1冊を完璧にしておけば大丈夫です。

MARCHでも早慶でも東大・京大でも問題ない。

私立では単語を直接聞かれることもありますが、『読解を深める現代文 単語』で十分対応可能です。

また、

前提レベルも低く、使い始めやすい。

 

難しい国語辞典だと説明がチンプンカンプンで、もう一度辞書を引き直すなんてこともあります。

しかし、

『読解を深める現代文 単語』の説明はかなり親切なので、一般的な高校生なら読み進められると思います。

 

「マジ卍」「それな」「タピる」だけで会話が成立しているJKには、少し厳しいかもしれません。

 

 

『読解を深める現代文 国語』の内容

『読解を深める現代文 国語』は4章で構成されています。

右ページには「単語」の意味と例文を解説し、左ページには「練習問題」があります。

 

練習問題は収録されている669単語すべてにあり、文章の中で「単語の意味」と「単語」を結びつける問題です。

 

第1章「読解のための基本10単語

中学生レベルの単語の紹介です。

「具体」「抽象」のような単語で簡単ですが、説明とイメージ図にすごい手が込んでます

説明が分かりやすいのはもちろん、明確なイメージを湧かせてくれる図で根本から理解できます

 

第2章「テーマ別重要単語

この本で一番面白い章です。

「単語」「意味」「例文」「練習問題」はいつも通りあります。

それに加えて、

「参考」という説明文が付いています。

 

「参考」では、単語の意味を深めてくれるわけですが、これがまあ面白い

その単語の背景知識・歴史的経緯を詳しく書いてくれるので、コラムみたいで読みやすい。面白い。

しかしまた、

内容は評論文にも通じるもので役にも立つ

 

「参考」が一番のミソです。

 

第3章「重要語」

ここでは、

「外来語」と「熟語」を紹介しています。

カタカナ語と二字熟語オンリーです。「鞭撻」や「ユートピア」など模試でもよく見る単語がずらり。

 

第3章では、

右ページで「単語」「意味」「例文」「類語」を紹介して、左ページでは「練習問題」という形式です。

 

非常につまらない

まあ未知の言葉を勉強できるのは面白いですが、意味を覚えるだけで淡泊すぎますね。

第2章が恋しくなります。

 

第4章「小説語

第4章はその名の通り、小説でよく出題される単語を収録してます。

 

「浮足立つ」「けなげ」「たむろする」など、よく耳にする簡単な単語も多数あります。

一方で、

おためごかし」「縷々」など、意味不明な単語もかなり収録されているので、覚悟してください。

(ちなみに2つ目は「るる」と読みます)

 

 

『読解を深める現代文 単語』の特徴

①意外とハイレベル

先ほども紹介した通り、

『読解を深める現代文単語』を1冊完璧にすれば、どんな大学にも対応できます。

でも説明は分かりやすい。

やっていると気が付きませんが、
思っているよりハイレベルです。

 

もちろん、

ハイレベルなのは長所であると同時に短所にもなりえます。

「難しいな」と思ったら、

「ことばはちからダ!」に乗り換えるといいと思います。相当基礎から始まります。

 

②「参考」が読解力を底上げ

第2章は『読解を深める現代文 単語』の中でも、かなりの割合を占めています。

その2章の中でもメインなのが、

「参考」です。

 

読んでいて面白いのと同時に、評論文に頻出のテーマの解説にもなっているのです。

現代文の問題は初めからネタバレされているも同然。

 

だから、

評論文に必要な背景知識が手に入る。

有利に読解を進めていくことができる。

 

最初から内容の大筋が分かっていれば、要所は見失わないし、想像以上に選択肢も選びやすくなります。

明らかにおかしい選択肢がすぐ分かります。

『読解を深める現代文 単語』の一番のメリットは、単語ではなく、この「参考」にある背景知識や歴史的経緯なのです。

 

まとめ

今回紹介した『読解を深める現代文 単語』は、超良書です。

完璧にすれば、

語彙力と背景知識の2刀流で
現代文の点数が上がるはずです。

ぜひ、

手に取ってみてください。

 

 

 

-国語, 大学受験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

模試の復習はするな!?ほとんどの人は模試の復習なんて無駄!

    今回は、 模試の復習に関する話です。   受験生なら、誰でも模試を受けると思います。 東進、河合、駿台の全国模試。 当然そこそこ難しい問題が作られるわけで、すべての問題で満点が取れる人なんて1 …

ボロボロの単語帳・参考書!?「ボロさ」があなたの成績です。

    最近の記事で、 「勉強量」と「勉強時間」について説明しました。 まあ、本当の努力量は「勉強量」だよ。っていう話だったわけです。 ↓ 「勉強時間」を語る奴は落ちる。成績の差はすべて「勉強量」! …

【英文法】たった45日で英文法の基礎を完璧にする勉強法見つけました。

  英語の点数を上げたい!   それは受験生全員もしくは、大人にも当てはまることですよね。 そして、英語の上達には「単語」と「英文法」が必要不可欠。 今回は英文法の基礎をたった90日で完璧にする勉強法 …

英文解釈の極み!「英文解釈の技術100」のレベルと使い方!

    通称「無印100」と呼ばれる、 「英文解釈の技術100」   「基礎100」と勘違いして買ってしまい、ボコボコにされる人が多いトラップ参考書の1つですね。 「やさしい理系数学」くらい引っ掛かり …

「宿題をやる意味・メリット」について本気で考える人は天才説!?

  日本人のほぼすべてが必ずぼやく、   「なんで宿題をやらなければいけないの?」   しかし、多くの人は「宿題の意味」について本気で考えたことがないと思います。 今回はその「宿題の意味・メリット」を …