大学受験 数学

数学 青チャートは使い方を間違うと爆死!例題だけは当然の世界!

投稿日:2018年11月10日 更新日:

みんな持ってる青チャート。

みんな大好き青チャート。

誰かのバイブル青チャート。

 

いつか、近所の小学生が歌いだしそうなくらいですよね(笑)。

それくらい有名な青チャートですが、多くの人は非効率な使い方をしています。

みなさん、青チャートをはじめから順番に解いていってませんか。

あの分厚さの参考書を非効率な使い方で勉強するのは、時間がかかってしょうがないし、結果も全然ついてこないです。

多くの人が青チャートで挫折するのはそれが理由だと思っています。(私も挫折しました(笑)。)

青チャートを最初から勉強していく。しかし、頑張っても、頑張っても終わらない。しかも、成績もたいして上がらない。

やってられるか!

ってなってしまうわけです。(私のこと)

青チャートには正しい使い方があります。特に、最初の参考書に青チャートを選んだ人は正しい使い方をしないと爆死の可能性が高いです。

今回は青チャートの使い方をメインに紹介していこうと思います。

青チャートの基本事項

※数学ⅢはAmazonの価格がおかしいので、一度上のボタンで飛んだあと、関連商品からまともな価格の「青チャート 数学Ⅲ」を探してください。

青チャートの問題数

どれも改訂版です。

ⅠA…例題329題、練習329題、EXERCISEなどの章末問題293題

ⅡB…例題420題、練習420題、EXERCISEなどの章末問題269題

Ⅲ…例題271題、練習271題、EXERCISEなどの章末問題299題

問題量….

ⅠAだけでも全部やったら1000題弱あります。いったいどうなってるんだ。

チャート系は網羅性が売りです。だから、もちろん問題数は多いということです。

青チャートのレベル

青チャートのレベルは

教科書~早慶

です。偏差値でいうと、45~70レベルの問題が載っています。

(教科書<基礎=センター<入試標準<入試応用)

チャート研究所が公表している↓のレベルは、ほぼ正しいです。入試上級のド真ん中が東大ボーダーくらい。

難易表

https://www.chart.co.jp/reader/subject/tokushoku.html

問題数が多いわけですから、当然レベルの網羅性も高いです。(逆に高くなかったらメリットない)

青チャートの特徴

流れは一般的な参考書です。

単元ごとに章になっています。章はその単元の要点のまとめから入ります。

章の中の例題は

基本例題<<演習例題<重要例題

でレベル別に分けられています。これらには別にコンパスで難易度があらわされています。

練習問題は例題と同じ公式や解法を使う問題がセットされています。そして、各々の例題<練習問題という感じです。

青チャートの中でも難しいのは、単元ごとにあるEXERCISEです。例題や練習問題のレベルを無視してガッツリレベルUPしてきます。

そして、それより難しいたまにある章末問題。

EXERCISEと章末問題は青チャートの中でもずば抜けて難しいです。

別解はほぼないです。おそらく順番に学習していく人のことを考えたものと思われます。

青チャートをはじめから順番に解いてはいけない理由

青チャートは先ほど話したように、参考書内でかなりのレベル差があります。

これが理由です。

参考書内で大きなレベル差があるがゆえに、順番に解いていくのは非効率になってしまいます。

例をだすと

野球初心者が、

  • 「キャッチボール、素振り」
  • 「150kmの球のバッティング」

同時に練習するようなものです。

キャッチボールや素振りを始めたばかりの人が、150kmの球のバッティング練習してもほぼ無意味ですよね。

まず、バットが振れないと思います(笑)。ワンチャン、ボールが存在を確認できない。

まだ、基本がなっていない人が応用をやっても身につかないです。

 

青チャートをはじめから順番に解いていけば、基本例題も演習例題も重要例題も、色々なレベル帯の問題を順番に勉強することになります。

まだ、基本例題レベルの問題をマスターしていないのに、重要例題をやっても、150kmの球をバッティングするようなもんです。

まず、身に付きません。

そうすると、効率が悪いですよね。

前レベルをマスターするまでは、次のレベルの問題を解いても効果が薄いです。順番にレベルを上げていくのが最短ルートです。

 

仮に、基本例題をまだマスターしていないとして、下のように勉強すれば、

基本例題→基本例題→演習例題

→演習例題→重要例題

オレンジ色の文字は全然身につかないでしょう。(演習例題の中にも、一部できるものもある)

多くの人は、「オレンジ色は解いただけで、解説を読めば理解はできるけど….」って感じになってしまいます。

 

この状態で勉強していても、オレンジ色を勉強している時間がほぼ無駄になってしまいます。

これが理由で青チャートを順番に解いていくのはお勧めできません。

段階的にレベルを上げるためには、前のレベルの問題を完璧にマスターする必要があります。

青チャートの使い方①

多くの人は順番に解いていくのは非効率だと言いました。レベルごとに順番にマスターしていくのが大事です。

基本例題がまだ不安な人は、この青チャートの使い方①。基本例題はほぼ完璧な人は使い方②でやってみてください。

 

でもまあ、ほとんどの人は使い方①の方がいいでしょう。

まず、1章あたり約1か月使ってください。

 

※どちらも章末問題とexerciseは勉強しない前提です。余裕がある人のみ挑戦してください。

(1)1章分の基本例題だけ3周する。

1章分の基本例題だけでいいです。

<やり方>

  1. 問題文を読む。
  2. 1分考えて分からなければ、解説を熟読。
  3. 解説を見ずに、自分で解答を再現してみる。

これを1章すべての基本例題でやってください。大事なのは解法をマスターすることです。

解法をマスターするというのは、よく言う「解法暗記」のことです。下の記事でも紹介しているので、知らなかった人は見てください。

基本例題レベルをマスターすれば、センターでは50~60点は取れるでしょう。

(2)基本例題を1周+演習・重要例題を3周

演習・重要例題も

  1. 問題文を読む。
  2. 1分考えて分からなければ、解説を熟読。
  3. 解説を見ずに、自分で解答を再現してみる。

でやってください。

基本例題はテストするつもりで1周しましょう。

(余裕があれば)練習問題を3周

練習問題はやった方が良いですが、青チャートの問題量は多いのでやっていると時間がかかりすぎてしまいます。

苦手だったところ、間違えたところなど、自分で取捨選択して勉強しましょう。

やらなくてもOKです。

 

ていうか、やらない方がいいまであります。普通はやらなくてもいいです。

これだけです。

基本例題で基礎を固めてから、次に進めば本当はなんでも良いんです。

このやり方は一種の例で、青チャートの前に「ひとつひとつわかりやすく」をやるなどして基礎固めをしても同じことです。

 

ワンポイントアドバイス

おそらく青チャートを進めていくときに、

「全然意味分からない。」「解説がウンチッチ」「1例題やるのに30分かかる」

そんな状態で進めるのは非効率。

 

学校のできる友達や先生に聞くのが一番良いですが、分からない問題が多いと聞きにくい。

そんなときはスタディサプリで授業を見てから、その類題を青チャートで解くという方針に切り替えましょう。

その方が理解しやすいし、むしろ効率が上がります。

 

今なら14日間無料体験+抽選でキャッシュバックなので、ぜひ試してみてください。

 

ちなみにスタディサプリ中心でやっていこうと思ったら、↓の記事もおすすめです。

青チャートの使い方②

①は青チャートで数学を学習していく人。どちらかというと初学者向けの使い方です。

でも、青チャートの基本例題くらいスラスラ解ける。コンパス4も初見で解けることも。

くらいの実力者なら①の使い方は非効率。 

だって、既に習得済みのレベルを何度も解くことになりますからね。

 

そういう人は違う使い方をおすすめします。

 

その名も、

例題だけ高速周回法

 

やることは非常に単純です。ひたすら高速で青チャートの例題を周回する。

 

  • 問題を解く
  • 解説を読む
  • 次の問題を解く

一問にかける時間は5分以内。分からないと思った瞬間に答えを読んで理解する。次の周回のときに解ければよい。

 

こんな感じでできれば

10例題 / 日

やるのに1時間くらいです。青チャートの例題を一周するのに約1ヶ月終わらせてください。

 

そんなこんなで周回しまくってると、

 

2周終了:だいたい全部理解

4周目終了:8割は解ける

6周目終了:ほぼ全例題を瞬殺

 

6ヶ月ほどで例題を完璧にマスターできます。

ただ唯一の欠点は

最初から6割くらいは解けないとキツイ

 

1問にかける平均時間は5分以内にしたいので、分からない問題ばかりだとどうしても間に合わない。しかも丸暗記っぽくなってしまう。

それでは精神的にもキツイし、丸暗記じゃあ応用力が付きません。

 

だから基本例題くらいは解ける実力者でないと、この使い方はできないんです。

青チャートの接続

<青チャートの前の参考書>

青チャートは教科書レベルから網羅しています。レベル的には前に参考書はいらないので、上の勉強法を参考にしてもらえればいいです。

ただ、それは学校の数学なら余裕をもってついていける人の話。学校の数学もままならない人は↓を

  • スタディサプリ
  • 高校とってもやさしい数学
  • 初めから始める数学

青チャートを半分復習でスイスイ進めていきたい人は「基礎問題精構」をやってから使うと、スイスイ進みます。(←実体験)

<青チャートの次の参考書>

  • 一対一対応の演習
  • 文系の良問プラチカ
  • 新数学スタンダード演習4・5月号
  • やさしい理系数学

レベル的には、青チャートの次に実践系の問題集をやったら、OK。しかし、東大・京大志望なら「一対一対応の演習」を間に挟んだ方が良い。

エレガントな解法。上級解法も習得してから、実践系の問題集に行った方が得点は伸びるでしょう。

まとめ

あれだけ溜めた割にはたいしたこと紹介しなかったのはすいません。

ここまで書いてあれですが、私はアンチ青チャートです(笑)。

青チャートはレベルの範囲が広すぎて、効率が悪いです。本当に。

網羅性なら「Focus Gold」の方が高いので、安心感に浸りたいならこちらを使った方がいいです。

 

私は青チャートみたいな超網羅系をやるなら、基礎問題精構+1対1対応の演習のほうが良いと思っています。

 

 

追記(2019.4.11)

そろそろ「Focus Gold」が入手できそうです。おそらく、1か月以内に手に入ると思うので、入手できしだい記事を出します。

で、自分で1周したら詳しい話も追加していこうと思います。

楽しみにしていてください。

 

<追記>

私の誕生日5月19日に記事は書いたんですけど、ココにリンク貼るの忘れてました。すいません。

想像以上にフォーカスゴールド強いので、ぜひ見てください。

進学校の人なら青チャートやるよりフォーカスゴールドかな。

 

 

-大学受験, 数学

執筆者:


  1. 匿名希望 より:

    現在高1の者です。自分は黄チャートでこのやり方を実践しようと思うのですが、基本例題3周 → 基本例題1周+重要・補充例題3周 → 練習問題3周 のプロセスを1ヶ月かけず、終わったら次の章に行くのはアリでしょうか?

    • dio より:

      匿名希望さん
      返信がおそくなってしまい申し訳ありません。

      全然アリだと思います。1ヶ月というのはあくまで目安のつもりで言っただけなので、ガンガン進める人は進んじゃってください。

  2. […] 数学 青チャートは使い方を間違うと爆死!例題だけは当然の世界! […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【中学生 勉強】自分で勉強できない人は「すらら」に頼れ!

  中学生になると勉強も本格化。 もちろん、中3になれば高校受験。中2では成績が内申に含まれ、中1の内容は中2と直結します。 つまり中学生になったら、勉強をサボっている暇はないわけです。   とは言っ …

【英語 長文】読解から復習まで超やりやすい「英語長文ポラリス」!

  山ほど英語の長文の参考書があるのがでも、私が自信をもって紹介できる参考書の1つが 英語長文ポラリス   今回はこの英語長文ポラリスのレベルや特徴、必ず成績の伸びる使い方などを紹介しようと思います。 …

数学的帰納法 等式編 ドミノの例でわかりやすく解説!難しいなんて言わせない!

どうも、 みんなが苦手数学的帰納法です。数学的帰納法って何が起こってるのかワケワカメですよね。     はい。いきなりスベリました。すいません。 でも、「ハッキリ言って何が起こって …

真面目に勉強・予習・復習のオンパレードでも成績が上がらない理由。

  毎日毎日、真面目に勉強。   内容は学校の予習、復習。 ノートを見直したり、宿題をじっくり解いたり。   平均すれば毎日1、2時間勉強している。   けれども、成績は 平均並み   マジで、どうい …

成績上位は知ってる!受験勉強はノートとルーズリーフどっちがいい

今回はノートとルーズリーフのメリット、デメリットを紹介しようと思います。   その前にルーズリーフと言えば、 中学校や高校で同級生がバインダーに挟んでルーズリーフで板書している人がいると憧れ …