中学受験 大学受験 高校受験

驚愕!学力は遺伝と家庭環境!みんなの勉強や努力は意味ない!?

投稿日:2018年12月25日 更新日:

 

すべての日本人が通る道、勉強。

そのときに出てくるのが「学力」という言葉です。今回はその「学力」に遺伝は関係しているのか、という話です。

 

黒人は遺伝でジャンプ力が高い、身長はほぼ遺伝、などなど私達の能力の多くには遺伝がかかわっていますよね。

スポーツも2世はだいたい上手いですよね。

肌の色も完璧に遺伝しています。(人種を見ればわかる)

親がハゲだと自分もハゲになる、みたいなのも聞きますよね。

 

じゃあ、

学力も遺伝する?

 

答えは、微妙。

学力は約60%遺伝する

と言われています。学力と言っても、たくさんあるので、詳しく見ていきましょう。

 

学力の遺伝 <詳細>

学力の遺伝① 暗記力

遺伝度:★★★☆☆

短期記憶(一時的な記憶)の能力は、努力次第で鍛えることができるため、遺伝はそこまで関係ない。

しかし、長期記憶(ずっと覚えている記憶)の力は遺伝の部分が大きい。

 

 

学力と言ったら、一番最初に出てくるであろう暗記力。

受験のときは長期記憶が大事になってきますが、その能力は大部分が遺伝だったようです。

日本史、世界史、英単語暗記、文法、漢字、…などなど受験にはさまざまな暗記物がありますよね。

それらが出来なかったのは、別にあなたのせいではなかったんですね。

 

ある程度は遺伝ですから。

 

学力の遺伝② 数学力

遺伝度:★★★★☆

計算能力よりも空間認知能力のほうが遺伝度は大きいとされる。

ちなみに、空間認知能力はだいたい13歳までに成長が完了すると言われています。

 

 

あなたが理系科目で高得点を取ることができないのはある程度は遺伝なのかもしれませんね。

しかし、受験レベルであれば、ほぼ暗記だけでも乗り切れます。

そこは言い訳にはなりにくいかな。

そして、空間認知能力は13歳で成長が完了してしまうので、今高校生で文系の方はほぼほぼ数学力は伸びない可能性が。。。

 

ただ、何度も言うように受験レベルの勉強は、ほぼ暗記。数学力は試されていません。

 

学力の遺伝③ 語学力

遺伝度:★★☆☆☆

主に暗記力がものをいう分野。

逆に言えば、特別な才能はいらない。

 

 

幼少期からの英語の英才教育は遺伝にあまり左右されないということでいいのかな。

英語が出来るかできないか、国語が出来るかできないかは親のせいではありません。

責任は自分自身にあるようです。

しかし、逆に国語や英語が得意な人は自分の努力のたまものである可能性が高いですね。

 

まあ、生まれつき英語が話せる人なんていませんからw

 

学力の遺伝④ IQ

遺伝度:★★★☆☆

遺伝と関係があるのは確実ではあるが、多くの遺伝子がかかわっており判定が難しい。

ちなみに、IQ遺伝子は見つかっていない。

 

 

受験ではIQは問われないので、普通の人がIQの良し悪しを数値で見る機会はないと思います。

そのため、多くの人が考える学力にはIQはあまり関与してこないのではないでしょうか。

しかし、メンサ会員になりたいという特殊な方々には関係ある話かもしれません。

日常生活を見ていて、親がヤバかったら諦めましょう(笑)。

 

学力の遺伝⑤ 文才

遺伝度:★★★★☆

文章を論理的に組み立てる能力や執筆の能力は意外にも遺伝が大きくかかわっている。

能力の80%以上が遺伝するというデータもある。

 

 

学校の行事や地域のコンクールで、「作文コンクール」みたいなのありませんか。

そういうコンクールで入賞するためには、遺伝が大きくかかわっていたんですね。

「火花」を書いたピース又吉も、生まれ持っての才能だったわけです。

もし、あなたが芥川賞作家になりたいなら、親に聞いてみてください。

親がダメなら、きっとあなたも……

 

学力の遺伝⑥ 集中力

遺伝度:★★★★★

脳内の神経伝達物質受容体が集中力に関係しているとの見方がある。

学力に関係する可能性も大きい。

 

 

まさかの、集中力は完璧な遺伝。

学力って結局勉強した結果ですよね。勉強するときに集中力なかったら、もう頭に入るわけないじゃん。

学力と集中力なんて一番関係しそうだったのに、これが遺伝だなんて。

 

まあ、すぐに集中力が切れてしまう人はあなたの意志の問題でも、気力の問題でもなく、

遺伝です(笑)。

 

学力の遺伝 と家庭環境

学力は

約60%が遺伝

だと言いました。では残りはどうなのか。

残りの

20~30%は家庭環境

と言われています。

 

つまり、学力の80~90%は自分の力ではどうにもならない部分なわけです。

塾の先生や親に

「成績が悪いのは、あんたのせいでしょうが!!!」

って言われたら、しっかり言い返してあげましょう。

「俺の頭の悪さは60%の遺伝と30%の環境だよ!!」

 

たぶん、もっと怒られます(笑)。

 

 

誤解しないでほしいのが、

あなたがテストで100点を取った時に、60点は遺伝で取って、20~30点は家庭環境で得点した。

というわけではないです。

 

もし、あなたがテスト勉強を一切しなくても、遺伝+家庭環境の80~90点を取れるでしょうか。

とれないですよね。

純粋に点数に直結しているわけではなく、勉強をする上での能力を作る要素の中の80~90%が遺伝と家庭環境であるわけです。

 

ポテンシャルって言えば、伝わりますかね。

ポテンシャル×努力=点数

こんな感じです。ここでは、ポテンシャル=学力としているわけです。

 

まとめ

勉強する上での、ポテンシャルは遺伝と家庭環境によって決まります。

しかし、点数はポテンシャルだけで決まるわけではありません。努力もしっかり反映されます。

 

メッシが初めてサッカーボールを触った時と、そこらへんのサッカー少年どちらが上手いでしょう。

メッシが練習を始めたらすぐに普通のサッカー少年なんて抜かしてしまうでしょう。しかし、ポテンシャルだけではないです。

 

あなたのポテンシャルが高い低いに関わらず、成績を上げるためには努力が必要であるということです。

逆に言えば、努力する凡才は努力しない天才に勝てる可能性もあるということです。

 

自分のポテンシャルを認めたら、努力しましょう。

 

努力だ、勉強だ、それが天才だ。
誰よりも、3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。

野口英世

これは若干の誤解を生むと思いまーす(笑)。

  

 

-中学受験, 大学受験, 高校受験

執筆者:


  1. […] 驚愕!学力は遺伝と家庭環境!みんなの勉強や努力は意味ない!? […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

「受かる気しかしない」受験の不安も消える勝者の最強メンタルを伝授!

  いきなりですが、 受験に合格する人(特に難関校ほど)の超大多数は「受かる気しかしない」と思っています。   いわゆる「超ポジティブ」な人は圧倒的に多いです。   私が通う中高一貫校はいわゆる進学校 …

超効果的なシャドーイングのやり方!簡単に英語力がUPする!

    英語力は高いに越したことはない。 世の中での英語志向が強い今こそ、提唱したい勉強法が、 シャドーイング   もっとも効果的に英語力を向上させることができる勉強法がシャドーイングです。 そこで、 …

【高1・高2必見】絶対に今勉強すべき2つのこと。

  いよいよ高1、高2。 徐々に高3、大学受験を意識し始めるころ。   そろそろ 受験勉強を始めないといけない。 けど、 高1、高2のうちに何を勉強すべきなのか。   という悩みを持つ人は多いと思うの …

『良問の風』はいらないのか?レベルと本当に必要な人とは!

    理系の肝といったら 物理   実はコスパ最強の科目といえば、 物理   小2の頃の効果音といえば、 デュクシ     まあ、そんなわけで(自分でも本当に何がしたかったか分からん) 「いらない」 …

【完全版】マジ厳選!英語長文の参考書・問題集ランキング5選!

  英語で一番重要な「長文」。 はっきり言って、 長文が出来るかどうか=英語で点が取れるかどうか ですよね。だから、誰でも英語長文は出来るようになりたい。でも長文の参考書・問題集が多すぎる。   仕方 …